Topics | 2016.07.28
買わずに「とりあえず試す」で洋服のオンラインショッピングを気軽にしてくれる「Try.com」

買わずに「とりあえず試す」で洋服のオンラインショッピングを気軽にしてくれる「Try.com」

アメリカに住んでいて感じるのは、日本に比べてオンラインショッピングがとても身近だということ。それはAmazonのような日用品や書籍だけじゃなく、洋服や靴、はたまた家具に至るまで、オンラインでポチポチ購入しています。

「家具?」と思うかもしれないけれど、「Tangiblee(タンジブリー)」のようなサイズ比較のソリューションがあったり、「Living Spaces(リビング・スペイシーズ)」のように、送料無料で家具を配達してくれるお店も増えているからなんです。

「買う」と決める前の精神的なハードルを取り払ってくれる「Try.com」

洋服もそれは同じ。主要なブランドは、50ドルも購入すれば送料は無料だし、返品無料も珍しくありません。「サイズが合わない」「イメージと違っていた」といったアイテムは、商品に同梱された返品用バッグに入れて、返品用ラベルを貼り付けて郵便局などにドロップオフするだけ。返品がここまで気軽だと、「もし合わなかったらどうしよう?」という不安がだいぶ解消されます。

とはいえ、アイテムを購入した時点でカードには課金されるし、返品受付からカードに返金があるまでに約1ヶ月かかります。返品NGだった以前に比べて手軽になったとはいっても、まずは一度購入しないことには成立しません。そういった「買う」ことの精神的なハードルを一切取り払ってくれるのが「Try.com(トライドットコム)」です。

― try.comより
try.comより

ブラウザの拡張機能でスムーズに「TRY」が決められる

現在は招待制オンリーのTry.com、気になる商品を「買う」のではなく「試せる(TRY)」サービス。ブラウザのエクステンション(Google Chromeの拡張機能)をダウンロードすると、パートナーサイトに「TRY」ボタンが登場。

― try.comより
try.comより

5着まで選べる試したい洋服が自宅に届きます。家で試着したら、アイテム到着から7日間以内にキープするかどうかを決めて。要らないアイテムは送料無料で返品、手元に残したアイテム分が後日クレジットカードに課金されます。

Nothing better than some freshly unboxed #Trys! ???????? #trybeforeyoubuy #tryforfree #ChooseTryDecide

Tryさん(@try)が投稿した写真 –

ユーザが試せる洋服は、どれもTry.comが一度ブランドから購入したもの。アイテムをユーザが購入すると、Try.comにブランドからコミッションが支払われる仕組みだそう。

送料無料・返品無料でオンラインショッピングをもっと自由に

仕組みが仕組みなだけに、パートナーブランドは送料無料かつ返品無料であることが条件。これまでにZARA(ザラ)ASOS(エイソス)Barneys New York(バーニーズニューヨーク)Revolve(リボルブ)、また、Neiman Marcus(ニーマン・マーカス)のような老舗デパートが参加しています。

???? Grab these looks for #free ???? #trybeforeyoubuy #tryforfree

Tryさん(@try)が投稿した写真 –

お店で買い物をしている時は、気になったものは試着して、着心地やフィット感を含めて満足したうえで購入することがほとんど。それが叶わず、大部分を想像力に任せるしかなかったのがこれまでのオンラインショッピングでした。

Try.comのおかげで、オフラインと同様、オンラインでも「まずは試してみる」というコミットメントのないお買い物のあり方が叶いそうです。

Try.com

try.com
Cover photo by shutterstock.com

三橋 ゆか里



PICK UP

SPECIAL

LATEST

BUSINESS




LATEST