Topics | 2016.08.29
運命の“香り”と出会い、纏う。フレグランス・サブスクリプションサービス4選

運命の“香り”と出会い、纏う。フレグランス・サブスクリプションサービス4選

マリリン・モンローが寝る時には、CHANEL の『N°5』だけを身に着けていた、というのはあまりにも有名な話。「マリリン・モンローと言えば、『N°5』」のように、自身を象徴する香りを持った女性に憧れます。

ラグジュアリーブランドから、セレブリティーがプロデュースするもの、そしてインディー系パフューマーによるものまで……。私たちの周りには様々な香りが乱立し、自分に合ったお気に入りのフレグランスを見つけることは、そう簡単ではありません。

新しいフレグランスを探す時、多くの方はデパートやビューティーストアの香水売場で、実際に香りを試すと思います。しかし、慣れない香りを一度に沢山嗅ぐと、人間の嗅覚は麻痺してしまうそう。その上、香水は「トップノート」「ミドルノート」「ベースノート」と時間の経過や気温・体温によって香りが変化するので、お店にいる短時間で“香り方”のすべてを理解することは難しいようです。

Korneevets-Vydrenkova / Shutterstock.com
Korneevets-Vydrenkova / Shutterstock.com

そこで、私が最近重宝しているのがフレグランスのサブスクリプションサービス。毎月新しいフレグランスが自宅に届くのですが、次のセットが届くまで、じっくり時間を掛けて香りを試すことができます。また、予想外の素敵な香りと出会うことができるので、毎月のお楽しみが増えました。

今回は、実際に私が購読中の香水のサブスクリプションサービスに加え、ぜひ試してみたいサービス、そして、香水好きの友人から教えて貰ったマニアックなオンライン香水ショップをご紹介したいと思います。

1.月ごとのテーマにそったインディー系フレグランスをお届け:OLFACTIF

OLFACTIF(オルファクティフ)」は、 月額$20(日本円で約¥2,000)で月ごとのテーマにそった3種類のフレグランスサンプルを送ってくれるサブスクリプションサービス。

デパートやコスメティックストアでは見つけることができない、インディー系のパフューマーによる、アート作品とも言えるニッチな香水を届けてくれるんです。

8月のテーマは、「Wanderlust(旅心)」。夏休みに出かけてみたい、旅先を思い起こさせてくれるような3種類の爽やかな香りが届きました。

今月私のもとに届いたのは、世界中を熱狂の渦に巻き込んだオリンピックの開催地、リオデジャネイロの黄金の夜明けをイメージした香水「Still Lige in Rio」、夜明けの草原をイメージした「Eau Fraîche」そして、宝石のような輝きを放つインド、ウダイプルの湖「ピチョーラー湖」から着想を得た「Pichola」の3つのフレグランス。
今月私のもとに届いたのは、世界中を熱狂の渦に巻き込んだオリンピックの開催地、リオデジャネイロの黄金の夜明けをイメージした香水「Still Lige in Rio」、夜明けの草原をイメージした「Eau Fraîche」そして、宝石のような輝きを放つインド、ウダイプルの湖「ピチョーラー湖」から着想を得た「Pichola」の3つのフレグランス。

サンプルサイズは、2.25mlで20回程度使用することができます。3本入りなので、約60回。毎日使って丁度1ヶ月分の量です。サンプルとともに、テーマを綴ったメモと香りについての説明が添えられています。

世の中はパーソナライズの時代ではありますが、OLFACTIFでは、新しい香りに出会えるように、サブスクリプションの内容を好みに応じてパーソナライズすることなく、あえて苦手かもと感じる香りにも、まず試してみることをお薦めされています。

ちなみに、その月に届いた香水は、$18 OFFで購入することができちゃいます。1ヶ月じっくり試した後、本当に気に入ってから、しかも少しお安く手に入れることができるのは嬉しいですね!

2.パーソナライズされたインディー系フレグランスをトライ:SCENT TRUNK

以前、「今まさに全盛期!注目すべき日本未上陸のファッション系サブスクリプションサービス7選」という記事内でも紹介し、沢山の反響があった「SCENT TRUNK(セントトランク)」。ニッチなインディー系のパフューマーによるハンドメイドの香水サンプルを、毎月1本届けてくれます。

― SCENT TRUNKより
SCENT TRUNKより

OLFACTIFは毎月のテーマにそったフレグランスが送られ、箱を開けてみるまでは何が届くかわかりませんが、SCENT TRUNKなら、月額$9.99で、あなたの好みに合わせてパーソナライズされた4mlサイズのサンプルを届けてくれます。

事前に登録した好きな香りのデータをもとに「スマートリコメンデーションテクノロジー」があなたに似合う香りをセレクト。また、受け取ったサンプルについてレビューを記録していくことで、マッチングの精度が上がっていくそう。

私が事前に登録した好きな香りは、「ローズ」、「ジャスミン」、「パウダリーノート」。そして、この8月に私のもとに届いたのは「Perfect Nectar」という名のパパイヤとマンゴをベースにしたトロピカルでフルーティーなフレグランスでした。

夏にぴったりな香りではありますが、正直私にはちょっと甘すぎたかな……。しっかりレビューを残したので、次回のデリバリーに期待です!

3.自分で選べるブランドの香水サブスクリプションサービス:SCENT BIRD

SCENT BIRD(セントバード)」は、450種類以上のラグジュアリーブランドのフレグランスの中から、自分でセレクトした香りを毎月受け取ることができるサービス。

サンプルサイズは8mlで月額$14.95(日本円で¥1,500)。「パフューマーによるニッチな香水も気になるけど、やっぱり話題のデザイナーフレグランスを試してみたい!」というミーハーな人におすすめ。

― SCENT BIRDウェブサイトより
― SCENT BIRDウェブサイトより

好きな香りやお気に入りのフレグランスを登録すると、おすすめの香りをレコメンドしてくれるので、そこから月々のサブスクリプション内容を自分で作っていきます。

最大12ヶ月先まで受け取るフレグランスサンプルを登録することができ、サブスクリプションの途中で変更も可能。また、ブランド名、香りのタイプ、オケージョンから好きな香りを探し、レコメンドに頼らずサブスクリプションプランに追加することもできます。

SCENT TRUNK同様、受け取ったフレグランスについてレビューを行うことで、レコメンドの精度が上がっていくそう。コスパの面では、1mlあたり約$1.78(日本円で約¥180)なので、SCENT BIRDが一番オトクかも。

4.香水マニアによる上級者向けショップ:Surrender to Chance

最後にご紹介するのは、パフュームブロガーのお友達に教えて貰った、非常にマニアックで上級者向けのフレグランスサンプルのストア「Surrender to Chance(サレンダー・トゥ・チャンス)」。

インディー系、ニッチ、ブランド、ヴィンテージ、絶盤、オーガニックなど、ありとあらゆるフレグランスのサンプルをオーダーすることができるサービス。サブスクリプションというスタイルではありませんが、ノート(香り)、種類(ビンテージ、絶盤、ビーガン、インディー等)、パフューマー、リリース年などの条件から、試してみたい香りを自身で検索し、サンプルを購入するというもの。サンプルボトルのサイズも1m〜30mlから選ぶことができます。
※商品によって選べるサンプルボトルのサイズは異なります

インターネット黎明期を彷彿させる、やや“レトロ”なデザイン(笑)。香り選びの裏にはなんのテクノロジーもありませんが、香水マニアのパッションが詰まっています。− Surrender to Chanceウェブサイトより
インターネット黎明期を彷彿させる、やや“レトロ”なデザイン(笑)。香り選びの裏にはなんのテクノロジーもありませんが、香水マニアのパッションが詰まっています。− Surrender to Chanceウェブサイトより

サイトの見た目こそ、インターネット黎明期を彷彿させるやや“レトロ”な感じのサイトではありますが(苦笑)、テクノロジーを使った便利なレコメンド機能が充実しているというよりも、上級者向けの“香りのWikipedia”のような存在感。

「沢山ありすぎて、何を選べばいいか分からない!」という初心者向けに、使用シーンや種類、季節、話題の新作など、Surrender to Chanceがキュレートするサンプルセットが用意されています。香水マニアがキュレートするサンプルセットは、試す価値有りです!

*****

お洋服と同様、実際に「試着」が必要なフレグランス。残念ながら現在のテクノロジーでは、香りをインターネットで配信することはできないので、事前に欲しいフレグランスが決まっていない限り、オンラインでフレグランスを購入するのはナンセンスだと思っていました。

ですが、お手頃な価格でサンプルを試すことができるサービスが沢山登場した今、生活の中でじっくり時間をかけて好きな香りを見つけた後に、フルサイズのフレグランスをオンラインで購入するというのは、非常に道理にかなった香りの見つけ方のように感じます。

また、フレグランスの香りをつくる要素の構成は非常に複雑な上、環境によって香りも変化するといいます。様々な要因を分析し、精度の高いレコメンド機能、パーソナライズ機能については、今後さらなる開発が期待される分野だと思います。
Cover photo by SCENT TRUNK

Paris Wakana



PICK UP

SPECIAL

LATEST

BUSINESS
LATEST