Topics | 2016.09.15
縫製技術や知識は不要! 服作りの新しいカタチを提示するファッションレーベル「THE POST-COUTURE COLLECTIVE」

縫製技術や知識は不要! 服作りの新しいカタチを提示するファッションレーベル「THE POST-COUTURE COLLECTIVE」

3Dプリンターやレーザーカッターなど、デジタル工作機器を用いた「ものづくり」ムーブメントについては、DiFaでもこれまでさまざまな角度からレポートしてきました。しかし、まだ私たちの生活に馴染むほどの事例が登場していないのも事実。

今回は「ものづくり」ムーブメントを単なるトレンドで終わらせない、実践的なものとして取り組みを進めているファッションレーベル「THE POST-COUTURE COLLECTIVE」を取材しました。

― Courtesy of THE POST-COUTURE COLLECTIVE
Courtesy of THE POST-COUTURE COLLECTIVE

縫製技術や知識は不要! 服作りの新しいカタチ

THE POST-COUTURE COLLECTIVE の素晴らしいところは、なんと言ってもその手軽さ。ユーザーはSHOPページから、デザインと素材をオーダー。デザインデータを元にレーザーカッターで素材を裁断し、あとは組み立てるだけ。

オーダーの際、自身のサイジングを簡単に行える機能も。以下の動画を観ると、その手軽さは一目瞭然です。

服は、型紙作り・裁断・縫製など、複数の工程を経て完成します。しかし、レーザーカッターを使えば、かなり簡略化できます。

― martijn van strienウェブサイトより
martijn van strienウェブサイトより
― Courtesy of THE POST-COUTURE COLLECTIVE
グレーの方はツイード。グリーンの方は、なんと原材料が炭酸飲料「スプライト」のペットボトルで出来ているんです!-Courtesy of THE POST-COUTURE COLLECTIVE
ボンディング素材で軽く、ほつれにくい。
ボンディング素材で軽く、ほつれにくい。

こちらの「スプライト」のペットボトルを原材料に作られた、オリジナルテキスタイルにも密かなこだわりが。ボトルの色を生かした結果、爽やかなグリーンに仕上がったとのこと。資源を活かすレーベルの姿勢が反映されたプロダクトです。ほつれにくい仕様であることも◎。着てみると、誰もが使いやすい普遍的なデザインを心がけたことが伝わります。

― Courtesy of THE POST-COUTURE COLLECTIVE
Courtesy of THE POST-COUTURE COLLECTIVE

何度でも作れる楽しさ、カスタマイズも魅力

Illustrator、Rhinoceros、SolidWorks等のデザインソフトを使いこなせる方であれば、DIYページからダウンロードしたデザインデータを、自分好みにカスタマイズすることも出来ます。

丈の調整、フォルムの変更、元データからヒントを得た別のアイテムを作ることも可能。何を作るかは、あなた次第。デザインデータは、1点で€ 5(約570円)というお手頃価格。

どのデザインデータも、一度ダウンロードすれば何度も使えます。素材をあれこれ購入して、色・柄違いのものを作ってみるのも面白そうです。

レーザーカッターには不向きの素材もあるので、布地屋さんや、レーザーカッターを取り扱うスペースのスタッフに相談してみましょう。

― Courtesy of THE POST-COUTURE COLLECTIVE
Courtesy of THE POST-COUTURE COLLECTIVE

持続続可能なシステムを目指す

デザイナーのMartijn Van Strienさんは、大量生産のシステムに取って代わるものとしてこのレーベルを考案しました。

ファッション産業は廃棄が多く、生産工程では多くの人が過酷な労働環境にさらされています。驚くことに、これは一部のラグジュアリーブランドでも言えること。大量生産といえど、どのアイテムもほとんど人の手によって作られているからこそ、起こる問題でもあります。

現在Martijnさんは新作コレクションを開発中。ウールやフェルト、薄手のものなど、オリジナルテキスタイルを発表予定なんだそう。さらに新しいドレス、スカート、コートなどのデザインデータも公開準備を進めているとのこと。

誰かがデザインデータをアレンジし、それを公開する。そしてまた他の誰かがそれを参考に服を作る……なんてことが当たり前の時代になるのかもしれませんね。

THE POST-COUTURE COLLECTIVE

http://www.postcouture.cc/
Text:Miki Okamoto
Cover photo by THE POST-COUTURE COLLECTIVE

▼関連記事▼
消費者が自ら服を組み立てる-「THE POST-COUTURE COLLECTIVE」デザイナーインタビュー

DiFa編集部



PICK UP

SPECIAL

LATEST

BUSINESS
LATEST