Topics | 2016.11.04
アンダーアーマーの3Dプリンティングスニーカー、スカーゲンのハイブリッドスマートウォッチ、FashionTechな新作アイテムに注目!「TOKYO DESIGN WEEK2016」開催中

アンダーアーマーの3Dプリンティングスニーカー、スカーゲンのハイブリッドスマートウォッチ、FashionTechな新作アイテムに注目!「TOKYO DESIGN WEEK2016」開催中

デザイン、アート、ミュージック、ファッションなどを取り扱う総合的な展示イベント「TOKYO DESIGN WEEK 2016」が、11月7日(月)まで明治神宮外苑の絵画館前にて開催中です(最終日の7日は20時まで)【※】。クリエイター、企業、学生などが参加し、さまざまな展示が行われるTOKYO DESIGN WEEKですが、その中からいくつかFashionTechなブースをピックアップしてお届けします!

【※】6日夕方、現地で発生した火事により、最終日の7日は中止との告知が発表されています。ご注意ください。

こちらは、「アンダーアーマー」の3Dプリンターでつくられたスニーカー! Interactive展のオートデスク社ブースにて展示中とのこと。3Dプリンティング×シューズ領域も今年は様々な事例が登場しています。


テクノロジーをもっとおしゃれに、を提言する「フォッシル グループ」は腕時計の魅力を伝え続ける「TiCTAC」とのコラボブースを展開中。展示ブランドは、FOSSIL Q/SKAGEN/MISFIT/EMPORIO ARMANI/DIESEL/MICHAEL KORS/kate spade newyork。新作のスマートウォッチやトラッカーがずらりと並びます。どれにしようか悩むのも、ファッションの醍醐味のひとつ。 中でも気になるのはこちら。「スカーゲン」のハイブリッドスマートウォッチ。実際に触ってみて、会場でも購入できるそうですよ。価格は31,000円(税抜)。そこまでビックリするほどのお値段でもないのがいいですね。男性へのギフトにも良さそう。パッと見ただけではスマートウォッチって気づかないくらいのシンプルさが◎です。

ほかにもInteractive展のソニーブースでは、DiFaでも体験レポートをさせていただいたFES WATCH Uなどが展示されています。

_
Fashion Entertainments (ソニー)ブースでは、ベルトまで柄が変わる電子ペーパーでできた腕時計FES WATCH/FES WATCH Uや、同じく柄が変わるバッグやメガネなども展示中。-TOKYO DISIGN WEEK 2016より

FashionTechアイテムの実物を間近に見られるチャンスはなかなかないので、これを機会に3Dプリンターで出力したシューズってどんな存在感なんだろう? スマートウォッチの付け心地ってどうなんだろう? 電子ペーパーの柄が変わるところを生で見てみたい! なんて思ってた方、ぜひ足を運んでみて。チケットなどの詳細はHPでご確認を。

TOKYO DESIGN WEEK 2016

tokyodesignweek.jp

日程:11月2日~11月7日
時間:11:00~21:00(最終日は20:00まで)
会場:明治神宮外苑絵画館前(東京都新宿区霞ヶ丘町1番1号)
最寄り駅:青山一丁目/外苑前/信濃町 各駅より徒歩5分
チケット:当日券2500円
http://tokyodesignweek.jp/2016/tokyo/ticket.html

※6日夕方、現地で発生した火事により、最終日の7日は中止との告知が発表されています。ご注意ください。

DiFa編集部



PICK UP

SPECIAL

LATEST

BUSINESS
LATEST