Special | 2017.02.14
デジタルスタイル by AMIAYA

デジタルスタイル by AMIAYA

DiFaが注目するクリエイター・アーティストの皆さんに、デジタルアイテムをどのように毎日のスタイリングへ取り込むか、それぞれの提案をスタイリングフォト&インタビューでお届けする連載企画「デジタルスタイル」。今回ご登場いただくのはモデルのAMIAYAさん、セレクトアイテムは「MARC JACOBSの稲妻モチーフショルダーバッグ」です。

#SCENE 1

_S2K2054_fix

_S2K2061_fix

_S2K2015_fix

●今日のコーデのポイントは?
ふたりでお揃いのコートとバッグにして、あとはそれぞれのコーディネートのポイントをそれぞれ活かすようにしました。バッグはマークジェイコブス。ブロックチェックがちょっとデジタルっぽいなと思ってて。スパンコールもかわいいです。今季はメタリックとかキラキラをファッションに落とし込んでみました。稲妻とかも◎。コーディネートは難しいけど、インパクトがある分写真映えもいい。

★AMIさん:デニムではずしました。派手なものと合わせるときには、デニムとかを抜け感が出せるアイテムとして取り入れてます。足元はロックぽくマーチンの8ホールで。デジタルっぽいものと合わせる時に、ビンテージ系のものをミックスするとキメキメになりすぎずいい感じ。上は赤のニットなんですけど、今季は私たちはカラー×カラーみたいなスタイリングをしていて、色と色をあえて組合わせてます。結構マークジェイコブスのものが多いですかね。

★AYAさん:スニーカーはコンバースでパンツはjouetie。インナーはビンテージのニットにビンテージのバンドT。私はちょっとグランジっぽさをミックスしたくて、上はローゲージのにっとにバンドTでグランジっぽさを出してます。さっきAMIちゃんが言ってたみたいに、カラー×カラーで、スニーカーは赤、パンツはピンクっていうミックスにしました。グランジ感とちょっとレディな感じで。

#SCENE 2

_S2K2083_fix

●スマホケースは何使ってる?
ニューニュー(http://www.newneu.jp/)ってブランドで、マジックテープでカスタムできるんです。パーツが選べてかわいい。代官山にお店があるんですけど。バッグとか靴とかもカスタムできるんです。デザイナーさんがメンズだからメンズもあると思う。デザイナーさんが知り合いで、最近お店オープンしたからこれからもっと流行りそうって感じ。これは誕生日プレゼントでお店にカスタムしてもらったんです。

●最近よく使うアプリは?
SNOWとか、Spotifyとか。ライフベアも使います。メモとか日記として。動画系だと正方形どん。動画に枠をつけたいなって時に使います。私は結構、黒い枠が好きでよく使う。あとはiPadに入ってる、Paper。絵も描けて、録画も出来るし、そのままPDFにまとめて送れて便利。

#SCENE 3

_S2K1889_fix

_S2K1952_fix

●ファッションアイテムどこで購入する?
原宿、中目黒、下北沢の古着屋とか。ジャンティーク、キンセラ、ベルベル。ひとりで買い物行くことが多いです。それか、AMIAYAの二人で。オンラインだと、ZOZOTOWNが多いですね。

生活雑貨はAmazonを使うことが多い。Amazon prime Nowも使います。お米とかお水とか。友達とか来る時には楽ですね。ピンポイントでこれが欲しいって決まってるときはネットで買います。コアなやつをわざわざお店で探すとなると、大変だから。ベッド周りのものとかシーツとかは、海外のかわいいのを見つけて買います。電球周りとかも。

買ったことがあるブランドで、大体サイズ感が分かるものはネットで買っちゃいます。たまに、外に出たくないなぁって思う周期があって、そういう時はネットで買っています。

海外系のオンラインショップだと、shoppopっていうサイトとか、Farfetchとか。あとはブランドのサイトで買ったり。結構ブランドの指名買いは多いです。でも、日本語じゃないから結構ハラハラしながらお買い物してますよ(笑)

_S2K1833_fix

_S2K1881_fix

*****
外国語で表示されているネットショップでお買い物するのは、かなり勇気がいるもの。でもそこがまたスリルがあって面白かったりして。これだと思ったら逃さず手にすることで、いままで見たことのない体験ができるのかも。欲しいものが決まっている時はネットで、実物に触れてみないと解らないものはお店で。うまく使い分けられるといいですね。

_S2K1979_fix

AMIAYA

model / creative producer / DJ
姉・AYAと妹・AMIの双子ユニット。高校入学直後、原宿でスカウトされたことを機に上京。読者モデルとして地道に活動を続け、多数のスナップに参加。雑誌などでそのスタイリングセンス注目を浴びるようになり、2011年ファッションブランド「jouetie(ジュエティ)」creative producerに抜擢、今年で5周年を迎える。2012年には歌手デビューを果たし、自らDJとしても活動を開始。国内外のTOKYOポップカルチャーを伝えるイベントに数多く参加し、ガールズカルチャーのアイコンとして精力的に活動している。
TwitterInstagram(AMI)Instagram(AYA)WEARLINE blogWEB(jouetie)

関連記事
デジタルアイテム・スタイリング by 長澤メイ
デジタルアイテム・スタイリング by 柴田紗希
デジタルアイテム・スタイリング by Una

Model:AMIAYA
Edit & Text:Miho Iizuka

DiFa編集部



PICK UP

SPECIAL

LATEST

BUSINESS
LATEST