Business | 2015.11.19
キャスティングに革命を。「SWIPECAST」がモデル版Uberと注目を浴びる理由

キャスティングに革命を。「SWIPECAST」がモデル版Uberと注目を浴びる理由

ーSWIPECAST ウェブサイトより
SWIPECAST ウェブサイトより

ファッションの中心地の一つであるアメリカ、ニューヨーク。そのニューヨークにおいて、あるスマートフォンアプリが注目を浴びています。それは”ファッション業界の無駄”を減らすために作られた革新的なスマートフォンアプリ「SWIPECAST」。

ニューヨークでこのアプリを開発したのは、モデルエージェンジー「Silent Models(サイレント モデルズ)」の創始者であるピーター・フィッツパトリック。彼がこのサービスを始めようと立ち上がるに至った理由は、2010年にSilent Modelsを始めて気づいた「ファッション業界における数々の無駄」が理由でした。Swipecastはモデル版「Uber(ウーバー)」とも称されており、ファッション業界に変革をもたらす大きな挑戦として、世界中から注目を浴びています。

非効率的なことが多いモデルのキャスティングをアプリで効率化

FashionStock.com / Shutterstock.com
FashionStock.com / Shutterstock.com

撮影やショーを行おうとすると、必ずモデルが必要になります。通常はモデル事務所にキャスティングを依頼し、イメージに合うモデルとスケジューリングを行いますが、モデルとのスケジュールが合わずになかなか予定通りに進まないことや、事務所を挟むことで調整のスピードに支障が出ることなど、問題が起きることも多く、非効率的。また、事務所を通して仕事を受けたモデルにとっても、報酬の多くが事務所へと入り、実際にモデルが報酬が受け取れるのは何ヶ月も先となってしまうことも。

このようなクライアント、モデル両者の悩みである効率の悪さと仕組みを改善するべく、創始者であるピーターは「モデルやカメラマン、スタイリストや小売店などファッション業界に関わるあらゆる人をマッチングするアプリを作ろう!」と考えました。

全てをシンプルに、依頼から支払いまでを一括管理できる

ーSWIPECAST ウェブサイトより
SWIPECAST ウェブサイトより

Swipecastの仕組みは非常にシンプル。モデルを探したいクライアントはこのアプリをインストールするとモデルのスタイルブックをスマートフォン上で閲覧することができ、気になったモデルには直接メッセージを送り仕事を依頼、モデルへの報酬支払いまでの全てを一括してこのアプリで完結することが可能になります。

これによって今まで非効率的だった事務所を通してのやりとり、また、モデルの仕事に見合わない報酬の仕組みは改善されました。クライアントはチャットで撮影を依頼する前からモデルの人柄を知り、ダイレクトに素早くスケジューリングを組むことができ、モデルは手数料の10%を除いた報酬の全てを受け取ることが可能になったのです。

swipecast_02
SWIPECAST ウェブサイトより

アプリひとつでいつでもタクシーを呼ぶことができ、クレジット決済によって支払いを効率化した革新的なタクシー配車アプリ「Uber」。SWIPECASTはUberの手軽さと効率性に例えて「モデル版Uber」とも謳われ、ファッション業界から注目を浴びています。

ファッション業界における個々の働き方に多様性を

あらゆるサービスの普及によって個人化が進む現在において、人々の働き方というのは日々多様に変化しています。クラウドソーシングの普及によって会社に所属せず個人として仕事をし、自由なワークスタイルを選択する人が増え、「Airbnb」のようなCtoCシェアリングサービスは誰でも空き時間を利用することで収入を得ることを可能にしました。

このようなサービスの普及が多くの人たちの働き方を自由にしてきたように、今まさにSWIPECASTはファッション業界における「個々の働き方」に革命を起こすサービスとなるべく挑戦を続けています。

SWIPECASTが目指すのは、クライアントの非効率なあらゆる仕事が効率化され、全てのモデルが事務所に属さずとも仕事をすることができ、それに見合った報酬を受けられる世界。SWIPECASTの大きな挑戦に、今後も世界中が目を離さずにはいられません。

Text : Mai Suzuki

DiFa編集部



PICK UP

SPECIAL

LATEST

BUSINESS




LATEST