Special | 2017.03.23
デジタルスタイル by Charisma.com

デジタルスタイル by Charisma.com

DiFaが注目するクリエイター・アーティストに、デジタルアイテムをどのように毎日のスタイリングへ取り込むか、スタイリングフォト&インタビューでお届けする連載企画「デジタルスタイル」。

今回登場いただくのは、メジャーデビュー後初となる待望のフルアルバム「not not me」を2017年3月22日にリリースする二人組ラップユニット・Charisma.comのいつかさんとゴンチさん、セレクトアイテムは「iPad」と「AKAI MPC TOUCH」です。

#SCENE 1

●スタイリングのお気に入りポイント

いつかさん:スウェットにシフォン、というこの真逆アイテムが醸し出す温度差に注目していただきたいですね。このスウェット、一目みてすごく気に入って上下セットで購入しました。オリンピック公式で、実際に使われていたものだそうです。ワンマンツアーで着まくろうと思ってます。このシーンは、カメラマンさんとのアイディアで“アビーロード”っぽさを意識してがんばりました!

ゴンチさん:大きいパールのピアスのインパクトに注目してほしいです。ベルトはさりげなく虎の顔がついていて、お気に入りですね。短い時間での撮影だったので、いかに目を瞑らないか気をつけました。すぐ目を瞑ってしまうので……(苦笑)

●この春に挑戦してみたいスタイリングやヘアメイクは?

いつかさん:ジージャン、ジーパンのセットアップやってみたいですね。一度もやったことないですし、何より難しい。おしゃれじゃないと着こなせないと思うので。 メイクはなんでしょう……ビビッドなカラーをワンポイントにしたりとかですかね。

ゴンチさん:いつも黒とかグレーとか、暗い色を無難だと思って取り入れてしまうので、明るい色にチャレンジしたいですね。あと、髪の毛も明るくしたいです。今までOLだったのでずっと暗くしていたので。もう引退しましたし、明るくしてみるのもいいなと思って憧れてます。

#SCENE 2

●デジタルアイテム使ってますか?

いつかさん:けっこう普段の生活はアナログなんです。携帯もスマホじゃなくて、amadanaのガラケー(※1)を愛用していて。手に持ったときにしっくりくるフォルムとか、存在感そのものが気に入っているので、今も使い続けてます。

ゴンチさん:今回スタイリングしたこの「AKAI MPC TOUCH(※2)」。これからサウンドエフェクトを出してライブをするよう準備を進めているところです。今度のワンマンライブでも使うので楽しみですね。

※編集部注1…デザイン家電ブランドamadanaのプロデュース端末。機体の美しさとハイスペックな機能性を兼ね備えた“ガラケーの名機”と呼ばれる逸品が多い。

※編集部注2…電子楽器ブランドAKAI professionalの音楽制作システム。元祖DTMとも呼ばれるビートメーカーの同シリーズにおいて初のタッチディスプレイを搭載したモデルで、iPadのようなマルチタッチ・プレイが可能。

●よく使うアプリはありますか?

いつかさん:漫画ボックス。移動中よく漫画を読んでます。 あと、メルカリも使いますね。

ゴンチさん:写真アプリが多いです。LINEカメラ、スタップシードとかですね。あとはZOZOTOWNとか、乗り換え案内とか(笑)

#SCENE 3

●ネットではどんなものを買ってますか?

ゴンチさん:トイレットペーパーとかティッシュとか、お水とか。持って帰るのが大変な消耗品は、ばんばんネットで買っちゃいますね。

いつかさん:わたし、楽器を買いました。テルミンを。ライブで使ったらおもしろいかなと思って、ステージでのパフォーマンスもイメ―ジしながら買ったんですけど、意外と演奏してる姿に派手な動きが出なくて(笑) これをどう次のライブで活かそうかなって、いま考えてたりします。

*****
『not not me』というタイトルを見たときに「あ、なんかええな」ってパッと惹かれるものがあったんです。“タイトル萌え”のようなものでしょうか。リリックもビジュアルも、豪華プロデュース陣の情報もなくそう思えたのは、なにか字面から発するものと「目が合った」んでしょう。文字って時折、それを必要としている人に視線を送って来るもんなのかなぁと、妙な感想をもったことを覚えています。

“not not me”ってことは“not 私じゃない”ってこと。つまり「私である」ことを意味するんだ。と、いつかさんはおっしゃっていて。

ダメな私も私です。認めたくない私も私です。そのように“どんな自分も自分であること”を突きつけられたとき、真正面から向き合うのって相当しんどいこと。逃げることでしか保てない時だってあります。それで、ええと思うんです。

どんな私になるのかは、決めてもいくし、決まってもいくんだろうなぁ。こういうアテのない物思いでもしながら、ひとりで散歩とかしていたい気分……。春ですね(笑)

さまざまなクリエイターが各曲に参加していることもあって、色んな切り口の楽しみ方があるので、Charisma.comのことを知るひとにも、これから知る人にも、いろんなイメージをもって届いていくといいな。

Charisma.com(カリスマドットコム)左:いつか 右:ゴンチ

2011年に結成。MCいつかとDJゴンチによるラップユニット。YouTubeに投稿した動画が話題を呼び、2013年「アイアイシンドローム」にて現役OLラップユニットとしてデビュー。ポップなビジュアルとは裏腹に、日常生活で生じるストレスを毒たっぷりのキレがあるリリックで描いていく。いつかのスキルフルなフロウと一度聞いたら耳から離れないサウンドがこれまでにないジャンルを生み出している。大型フェスでも好評を得て、デビュー作がCDショップ大賞2014関東ブロック賞を受賞し、LOUIS VUITTON主催のレセプションパーティーに日本人アーティストとして唯一ホログラムライブ出演を果たす。2015年に満を持してWarner Music Japan/Atlantic Japanよりメジャーデビュー。2016年11月にOLを引退し、アーティスト活動に専念することを宣言。2017年3月22日、メジャーデビュー後初のフルアルバム『not not me』をリリース。
Instagram(いつか)Twitter(ゴンチ)LINETwitterFacebookYouTubeWEB『not not me』特設サイト

-Charisma.com 1st Full Album『not not me』(2017年3月22日発売 WPCL-12530 ¥2,593+tax)収録曲:「not not me」sound produce: 蔦谷好位置

Charisma.com 1stフルアルバム『not not me』

2017年3月22日発売 WPCL-12530 / 価格:¥2,593 (本体)+税
01. #hashdark sound produce: PABLO a.k.a. WTF!?
4月1日全国ロードショー映画「暗黒女子」主題歌
02. Like it sound produce: KO-ney
03. YAJIUMA DANCE sound produce: Cibo Matto
04. 意地easy sound produce: ALI-KICK
フジテレビドラマ「ラブラブエイリアン」(2016) エンディングテーマ曲
06. classic glasses sound produce: ハマ・オカモト from OKAMOTO’S
07. だったらshow me sound produce: Tokyo Recordings
08. 婿においで sound produce: 社長 from SOIL&”PIMP”SESSIONS
09. メキメキmore sound produce:岩渕マサル
10. Chicken boom sound produce: 荒木真樹彦
11. not not me sound produce: 蔦谷好位置
特設サイト:http://sp.wmg.jp/charismacom/nnm/
そして3月末からは全国7か所を巡るワンマンツアーも決定。お近くの会場へぜひ足を運んでみて。

Charisma.com ワンマンツアー2017

2017年3月25日(土)北海道・札幌sound lab mole
2017年4月1日(土)愛知・名古屋E.L..L.
2017年4月7日(金)大阪・心斎橋BIGCAT
2017年4月9日(日)宮城・仙台enn 2nd
2017年4月22日(土)広島Backbeat
2017年4月30日(日)福岡Beat Station
2017年5月3日(水・祝)東京・赤坂BLITZ ツアーファイナル公演
詳しくは公式HPにて:http://official-charisma.com/

Text:Miho Iizuka

Cover photo by DiFa編集部

DiFa編集部



PICK UP

SPECIAL

LATEST

BUSINESS
LATEST