Topics | 2015.11.17
24通りのデザインを楽しめる!電子ペーパーを採用した腕時計「FES Watch」の一般発売が決定

24通りのデザインを楽しめる!電子ペーパーを採用した腕時計「FES Watch」の一般発売が決定

クラウドファンディングおよび「First Flight」で資金を募り開発され話題となった、SONYの「FES Watch」の一般店頭発売が決定しました。

FES WatchはSONYが取り組んでいるプロジェクト、ファッションのデジタル化による新しい体験を創出する「Fashion Entertainments」が生み出した最初のプロダクト。電子書籍リーダーの「Kindle」などに用いられている、電子ペーパーを文字盤とバンド部分に採用することで、24通りのデザインバリエーションからその日のファッションに合わせたデザインを楽しむことが出来るんです。なんだかこの電子ペーパーの技術、FES Watchにとどまらず、さまざまな可能性を秘めていそうです。

FES Watch
電子ペーパーが表示できるのが白黒のみなので、デザインはモノトーンでクールな感じ。― makuakeより
― FES Watch ウェブサイトより
FES Watch ウェブサイトより

店頭販売は11月21日(土)より東京・表参道の「MoMAデザインストア」で、12月1日(火)からは東京・新宿の伊勢丹新宿店でスタート。今まではウェブ上での販売だけだったFES Watchに、実際に触れてみるチャンスです。

MoMA デザインストアのウェブサイトでは先行予約の受付を開始をしていましたが、なんと既にSOLD OUT!第2次予約発売も予定されているようなので、ピンと来た方は今スグ入荷通知のお知らせに登録すべし!

テクノロジーを活用したファッションアイテムの分野においては、海外のスタートアップやブランドが先を行っている印象がありますが、先日DiFaでもご紹介したスマートウォッチ「wena wrist」や、このFES Watchなど、日本を代表する企業であるSONYがデジタルテクノロジー×ファッションの分野に活路を見出そうとしている動きには今後も注目です。

Cover photo by FES Watch

DiFa編集部



PICK UP

SPECIAL

LATEST

BUSINESS
LATEST