Special | 2017.04.19
Instagram最前線!vol.12 : 台湾のインフルエンサーPeggyが語る「パリ・ファッションウィークとSNS」

Instagram最前線!vol.12 : 台湾のインフルエンサーPeggyが語る「パリ・ファッションウィークとSNS」

SNSの筆頭株となったInstagram。果たして今その世界には、何が起きているのか。ジャーナリストから、インスタグラマー、ヒットInstagramを生み出す企業ほか、Instagramの最前線と全てを追いかけます。

今回は、台湾のファッション業界でインフルエンサーとして活躍するPeggy Luが登場。ファッションウィークやイベントの取材から洋服のデザインまで、活動の幅を広げる彼女が、インフルエンサーになったきかっけから、パリ・ファッションウィークのことまで語ってくれました。

ーまずは自己紹介をお願いします。

ファッションとライフスタイルがテーマのPupupepeというサイトを運営しています。2007年にスタートし、現在までの累計で4000万人以上のアクセスがあり、インスタのフォロワーは14万5000人、Facebookは10万人になりました。読者は台湾が一番多く、イギリス、香港、マレーシア、シンガポールと世界中にいます。

先日会社化して、ウェブディレクターとアシスタントと3人体制になりました。また、3年前からは洋服のデザインも始めました。毎月2着ずつサイトで発売しています。

ーPupupepeを始めたきっかけは?

2007年、大学3年生の時に日本の岡山に1年間交換留学で住んでいました。その時、日本の文化を台湾に発信したいと思って始めたのがPupupepeです。

その後一旦台湾に戻ってから、イギリスでファッションマーケティングの勉強をしました。ロンドン・カレッジ・オブファッションとウエストミンスター大学の大学院で学び、音楽会社で働いたり、フィンランドのデザイナーの下でPRとマーケティングアシスタントをしたりしていました。

台湾に帰ってからは資生堂に入社し、マーケティングの部署でブランド全体の業績分析や戦略立案などをしていました。その間もPupupepeを続けていました。

昼休みに記事を書いたり、同僚に写真を撮ってもらったり、仕事帰りに取材をしたり、本業の邪魔にならないように活動していました。写真を編集したり記事を書いたりするのは結構時間がかかるので、休日もずっと働いていましたね。

資生堂で働いている頃から、「ルイ・ヴィトン」のカクテルパーティや「カルティエ」のイベントなど、有名メゾンから呼ばれるようになりました。

ーインフルエンサーとしての活動を本格に開始したのはその頃ですか?

そうです。2014年に台湾の『VOGUE』にインフルエンサーとして取材され、3ページの特集が掲載されました。パリのファッションウィークにも3年間連続で呼ばれています。最近では、香港の『Legend』という雑誌に、アジアで影響力のある100人の一人として選ばれました。

ー毎日のようにSNSにポストして、たくさんのいいね!がついていますね。SNSはどのように使い分けていますか?

FacebookとInstagramをメインで使っています。Facebookでは仕事の内容に関するポストも多いですが、Instagramでは私のライフスタイルが垣間見えるようなプライベートショットも載せるようにしています。

InstagramとFacebookは、写真の質が重要なので、一眼レフで撮った写真をアップしています。wifiを使ってカメラからスマホに送って、VSCOなどを使って編集しています。

A post shared by Peggy Lu 浿機 (@pupupepetw) on

ー写真加工の際にこだわっているのはどんなことですか?

Instagramの写真は統一感がポイントだと思っています。私の写真は明るめでコントラストが強めなのが特徴です。構図など、有名人のインスタを参考にすることが多いです。例えばローラの写真はカッコいいし、配色もバランスもいいのでよく見ています。

ーパリ・ファッションウィーク中には、Facebookのライブ配信もしていましたね。

ライブ配信は普通のポストより反応がよかったです。「ロンシャン」の展示会場から配信したのですが、80くらいのコメントがつきました。紹介したアイテムへのコメントや、「このバッグ買えますか?」なんて問い合わせが、コメント欄やメッセンジャーを通して来たりしました。

ライブ配信はテーマ設定が一番重要。テーマが決まったら、20分くらいの短い時間でフォロワーが楽しんでくれるように、流れ(あらすじ)を考えます。今回は、新作コレクションのテーマに合わせて、当日のコーディネートも工夫しました。

ーパリ・ファッションウィークについて教えてください。どんなコレクションが印象に残っていますか?

一番可愛かったのは、「ミュウミュウ」。ファーの小物とかコートとかたくさんほしいものが出てきました。キラキラしたアクセサリーは女の子の遊び心をくすぐるデザインで、日本の女性も大好きなテイストだと思います。

A post shared by Peggy Lu 浿機 (@pupupepetw) on

「モンクレール」は、会場はもみじが落ちていてとてもドラマティックでした。ラグジュアリーとスポーティのバランスが絶妙でおしゃれでした。

「ディオール」のブルーのドレスもとても素敵でした。春夏と違って落ち着いた神秘的なムードで、透明感とグラデーションが素晴らしかったです。

ロジェ ヴィヴィエの靴

「ロジェ ヴィヴィエ」の靴も印象に残っています。桜のようなピンクのふわふわのフェザーでデコレーションされていて、履いて歩いたらすごく美しいだろうなと思いました。

「ロエベ」のバッグも実用的でおしゃれなので気に入っています。クラッチと猫のバッグが可愛かった! ショーでは本田翼さんがいらっしゃいましたよ。

A post shared by Peggy Lu 浿機 (@pupupepetw) on

「アンドリュー・ゲン」のアクセサリーはボリューム満点。タッセルの動きが美しくて素敵でした。

お話してくださった方
Peggy Lu
Pupupepe
@pupupepetw

DiFa編集部



PICK UP

SPECIAL

LATEST

BUSINESS
LATEST