Special | 2017.04.14
Instagram最前線VOL.11 : イマドキ女子のセキララInstagram事情

Instagram最前線VOL.11 : イマドキ女子のセキララInstagram事情

SNSの筆頭株となったInstagram。果たして今、その世界には、何が起きているのか。ジャーナリストから、インスタグラマー、ヒットInstagramを生み出す企業ほか、Instagramの最前線と全てを追いかけます。

たまには箸休め。本日はリアルなInstagram世代2人のセキララ対談。Instagramの女子的現場では一体何が起きている?イマドキ20代の本音炸裂トークをお楽しみあれ!


イマドキ女子A :白米を愛する21歳。大学生。デジタルエージェンシーでアルバイトをしている。好きなものは現代建築、好きなことは食べること。最近ハマっている食べ物は餃子とタイ料理。


イマドキ女子B:ファッションウェブメディアでアルバイトをしていた新社会人。ちょっと珍しい場所に行くのが趣味。最近はロンドン旅行に行き、ディープなロンドンを堪能してきた。

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

A:ねえ、今、周りでどんなInstagramの使い方が流行ってる?毎日アップしてる?チェックしてる?

B:えー、いきなり立て続けな質問!私はフードメインにアップしてるかな。てか美味しいものを食べた時に更新する感じ。だけど見る方でいうと結構頻繁で1日に3~4回位チェックしてる!

A:食べ物の写真ってどのくらい撮ってる?

B:ばらつきがあるんだけど、見た目が良かったり、変わったもの食べたときとかはついついパシャッとやってるね。だからだいたいフードになっちゃう。それ以外ももちろんアップするんだけどね。

–整然と並ぶ『どぜう』が名物の駒形どぜうにて。生姜とゴボウを載せたどぜうは白飯との相性抜群 。

A:私は風景とか、何気ない日常とか(笑)。自分で買ったものとかは載せないかな。

B:わかる!昔はブランド品とか載せてたんだけど、最近はなんか恥ずかしくて。(笑)

A:さすがにもうダサいよね! ブランド好きのブランド自慢って感じになるのが嫌なんだよね。だから、やっぱりフーディー(笑)!ブランド載せたくて買ったと思われたくないし。

B:それちょーわかる!

A:私は、可愛いものとかリア充なシーンよりかは、なんか面白いよね、って感じのものをたくさん撮るかな。あとは、あまり知られていないマニアックな場所とか。旅行にいったら撮る撮る!

–バンコク市内にある商業施設にて。お洒落な施設内にあるユニークな絵画が斬新で面白かった。

B:前はこれ共有したい!! みたいなの結構あったんだけど、最近は完全思い出のアルバムと化してるの(笑)だから逆に更新頻度は上がったかな。後で過去の投稿を見ながらこれ美味しかったな~ってニヤニヤしてる。

A:私は楽しい瞬間はもっぱらInstagram Stories。フツーのタイムラインにはあまり残したくないんだよね。やっぱり残したいのは自分のセンスの良さ(笑)。美的センスを蓄積していきたいって感じ。

-バルセロナ市内の街並み。何気ない風景が美しかったのでパシャリ。

B:Instagram Storiesってどれくらい使っているの誰かといる時に結構使わない?友達が動いてる様子とか(笑)あとは、タイムラインに載せきれない状況。

A:空気感は確かにストーリーだよね。でも実は私は最近デジタルの写真にちょっとだけ疲れて更新頻度が落ちたって感じ。結構月並みなんだけど、フィルムで撮った写真をデータ化して、厳選してアップしてるんだよね。

A:そういう人が増えたから、どんどんInstagramの敷居が上がってるんだよ~~(笑)

B:あ、これこれ。(と、フィルムカメラで撮ったこだわりの写真のデータを取り出す)

A:どこで現像してるの?

B:どこでも。カメラのキタムラとかビックカメラとか、ヨドバシカメラとか。とにかく私は選びに選んでこれだ!って思ったものをアップしてるよ。

A:Bちゃん流石だな~。私真逆だよ~(笑)。前はね、加工とかアプリ使って結構頑張ってたんだけど最近はインスタの編集機能も充実してるし、インスタ内で出来る加工だけしてアップしてる!

–金沢の21世紀美術館で発見したうさぎ。この中には人間が入っているらしい…こちらはインスタ内で白黒に加工。

B:どっちのタイプもいるよね。でもやっぱり最近は別のアプリ使ってイラストとか文字載せる人は少なくなってる気がするな、インスタがほんとに充実してるからね。ねえ、自撮りしてる?

A:自撮りはしないけど、友達の顔は載せ気味。

B:私もそんな感じ。まわりもそうかも。最近減ってきた。

A:確かに減ったかも!

B:だけど、まだまだ自撮り系はいるよね、最近はInstagram Storiesで自分の顔撮ってる人が多い!

A:Instagram Storiesの自撮りは私もする。ストーリーって敷居低くない?

B:わかる。24時間で消えるし!

A:あと、友達と一緒になら全然アリ!楽しいときとかノッてるときとかはいえーいって感じで(笑)

B:そういえばね、最近CAになった友達がいるんだけど、その子のインスタの変わり様がすごいの。おしゃれインスタグラマー特有の俯瞰で撮る感じ(笑)ステラのファラベラとかトム・フォードの香水がチラッと見えてて。やっぱり、職業って出ちゃうね。

A:そっか。そうやって変わってくんだね。撮り方が(笑)。私も前だったら、例えばお寿司が目の前にあったとしても、食べるのがメインで、まあ、添え物程度の写真撮るのが多かったの。だけど、今は周りに「ちょ、待って。まだ食べないで!」ってストップかけてまでバッチリ撮ってる(笑)。静か系なお店だと少し気を使って無音カメラにしたり。

–中目黒にあるレストランで食べたイチゴのスイートスパイス。静かめな店内だったので無音カメラで撮影。

B:この前、ロンドン行ってきたんだけど、ロンドンは今までシャッター音鳴らなかったのに最近は国際規格的に音が鳴るようになって、みんなすごい怒ってたよ(笑)。ねえねえ話変わるけど、今何人くらいフォローしてる?

A:私は408人!

B:私は753人!

A:どんな人フォローしてる? 私はブランドとかお店が多いかな。

B:セレクトショップとかはオフィシャルよりInstagramの方が情報が早かったりするしね。

A:セレクトショップとかどこが好き?

B:大阪のビジットフォーとか。バルムングみたいなレアな日本ブランドって結構扱って無かったりするから、どんなお店が取り扱ってるか探していくと地方のセレクトショップがあったりするの。そういうお店って情報早かったり、センス良かったりするから、ついついフォローしちゃう。そうすると似たお店もおすすめに表示されるようになって、自分の好きなテイストのお店をたくさん見つけられる!それに通販してるところがほとんどかな。地方だとなかなか買いに行けないからそういうのは便利。旅行したときには観光気分で行ってみたりするけどね。

A:あと、日本にない海外のセレクトショップもよくチェックする。コレットとか! あとセレクトショップだとグラフペーパーとかシボネとか、海外のファッションブランドのサイモンミラーとか。空間や建築系だとignantとか好きかな。

–バンコク市内にあるSiam Discoveryにて。バンコク発のブランドを始めとする世界の最先端ファッションを存分に楽しめる商業施設。

B:なんかブームってでるよね~

A:ちなみにインスタグラマーっていう言葉って今すごい浸透してるじゃん?インスタグラマーになりたいっていう子、まわりにいる?

B:みんななりたいって言ってるかなあ(ギモン)?

A:だよね。なりたいって言ってるのはそんなに聞いたことないかな…ただ、みんな意識はしていないけどあわよくばなりたいという感じかも?

B:それこそ、この前ロンドンに遊びに行ったとき、ホールフーズマーケットとか行って、一緒に行った友達に「あのタレントが好きなお店だよ」って解説してあげたら、「その人は好きだけど、好きなものには特に知らない」って言ってて。みんなが好きなのって雰囲気でそのタレントみたいになりたい!!ってこととは別なんじゃないかって。

–こちら、”ホールフーズマーケット”ではないが、素敵な老夫婦が印象的な一枚。新鮮な食材が並ぶ色鮮やかなバルセロナのマーケットにて。

A:そうだね〜。みんな、人っていうよりもテイストとかに憧れている感じじゃないかな。インスタって、好きなテイストのアカウントを全部網羅できるし、それを毎日見てると徐々にそのテイストに近づいていけるじゃん?だからフォローしてる人をみると、どんなテイストが好きなのかよく分かるよね。

B:フォロワーを増やすために努力してることってある?

A:ないない!鍵つけてるし

B:私も。

A:フォロワーとかいいねとか全く気にしなくなったからこそ、気軽にアップできるってのはあるかな。昔はちょっとフォロワーの数を気にしてたかも(笑)。フォローよりフォロワーが多いほうがいいみたいな雰囲気もあったし。でも最近はフォローしてる数のほうが俄然多い(笑)

B:確かにそこは全然恥ずかしくない!

A:今ってInstagramは雑誌代わりで、自分の投稿は完全に思い出化してる。

B:私はツイッターとか1000人くらいフォローしてるし。

A:ハッシュタグはつけてる?私はあまりつけないけど検索するときは使うね。

B:Instagramから情報をとるっていうより、新しいセーターが出ました!っていうとき、そのセーターがどういう使われ方や着回しがされているのかっていうのをInstagramで見ることが多い。「靴がほしいな、スニーカーがほしいな」っていうテンションInstagramで検索をすることはなくて、これが欲しい!ってなった時にダイレクトに検索する感じ。

A:分かる!物が決まっている状態でインスタのハッシュタグを使って、誰が使ってるとかどう使ってるかとかを見て確認、みたいな。

B:モデルが着ていて、これ調べたいなって時に結構Instagramだと情報が少なかったりするからそこがもうちょっと充実してればなって思う。スタイリストの私物とかね。主にGINZAにでているアイテムとか。だってページの中でスタイリスト私物って出るってことは、使い回し性があるわけじゃない?だからこそ、そのアイテムを知りたい(笑)!考えたら、結構深くファッションの何かを知りたくてハッシュタグを使ってるって感じだね。

A:うんうん……

と、まだまだガールズトークは続く。 だがとりあえずこれにてFO⭐

DiFa編集部



PICK UP

SPECIAL

LATEST

BUSINESS
LATEST