Business | 2017.09.18
3Dプリンターがもっと身近に!簡単&お手頃価格なSparkMaker

3Dプリンターがもっと身近に!簡単&お手頃価格なSparkMaker

東京でもファブスペースが増え、昨今どんどん身近になりつつある3Dプリンター。革新的なプリンターが次々と誕生する中、ハイクオリティーでありながらリーズナブルなプリンターが登場した。Kickstarterでわずか2カ月弱で目標金額の2倍以上となる50万ドル以上の出資を集めた「SparkMaker(スパークメーカー)」だ。

「SparkMaker」の魅力は、小さくて使いやすいという点。サイズは27.5×17×17cmで重さはわずか3kg。定価は249ドルで、小さなオフィスやスタジオでも導入しやすい。

繊細で複雑な造作にも対応できるLCD-SLA(光造形)方式を採用。XY解像度は100μm、積層ピッチは20~100μm。ビルドエリアのサイズは10.2cm×5.6cm×12.5cm。専用レジンはウォータープルーフタイプなど5種類を用意し、着色剤を使えば何色でも作ることができる。

本体をコンピューターやインターネットに接続する必要がないのも特徴。デザインデータを保存したSDカードを差し込んで、レジンを投入し、ボタンをおすだけでプリントが開始されるというシンプルなプロセスで完了。オンラインで無料配布されているデータを使えば、初心者でもすぐに3Dプリントが楽しめる。

SparkMaker社の創設者でCEOのMartin Caoは、「多くの人が3Dプリントに興味を持ち始めているのに、プリンターの価格が高く、使い方も複雑で難しいという問題を解決したい」と創業。今後の一般販売化も期待されている。

SparkMaker – The Most Affordable Desktop SLA 3D Printer

https://www.kickstarter.com/projects/249504031/sparkmaker-the-most-affordable-desktop-sla-3d-prin

DiFa編集部



PICK UP

SPECIAL

LATEST

BUSINESS
LATEST