Topics | 2015.12.04
ルミネの動画版プリクラで幻の街「SNOWDOME TOWN」へトリップ!

ルミネの動画版プリクラで幻の街「SNOWDOME TOWN」へトリップ!

「テクノロジーが創りだす“心躍る体験”」。ルミネが今年のホリデーシーズンに掲げるテーマはこれ。ルミネ新宿、ルミネ有楽町、ルミネ横浜の3館では、スノードームをモチーフに、ここでしか体験することができないインタラクティブなコンテンツが用意されています。

なかでも注目は、ルミネ新宿 パート1の屋上に出現した直径3m級の巨大なスノードームに広がる「SNOWDOME TOWN」。ここでは、いわば動画版プリクラを体験することができます。まずは、スノードーム横にある特設ブースでサンタの家やカフェ、遊園地など、ストーリーのある7つの場所から自分の映像を流したいエリアをセレクト。その後、短いGIF動画(約4秒)を撮影するとクリスマスシーズンにしか現れない幻の街「SNOWDOME TOWN」に映像が写り、その様子を外から楽しむことができます。

ルミネ新宿
ルミネ新宿
SNS上でも主流となり、私たちにとってより身近な存在になった動画コンテンツ。今回は、その場で撮影したものをオブジェに投影して楽しむというユニークな試みです。

このほか、ルミネ有楽町、ルミネ横浜でも、ショーウインドウに設置されたカメラで自分の姿を撮影するとその画像を取り入れたアニメーションがスタートしたり、サンタや雪だるまなど雪の世界の住人たちに合図を送ると嬉しいアクションが戻ってきたりと遊び心のある仕掛けが。そこでしか体験できないことを、その時に友人や大切な人と共有することってとても魅力的ですよね!?

ルミネ有楽町

ルミネ横浜

ルミネ
Lumine

今年のクリスマスキャンペーンには、「とっておきの時間をとじこめたスノードームで、一人ひとりにとってのクリスマスという輝く時間をルミネから生み出していきたい」そんな想いが込められています。広くはスノーグローブ(snow globe)として、世界各国のお土産品、玩具として知られているスノードーム。その土地のシンボリックな建物や風景、絵本をモチーフにしたオーナメントが入るなど、その種類は様々です。雪ではなくラメやビジューが舞う今回のキャンペーンビジュアルには、スイーツやアクセサリーと女の子の好きな物を散りばめ、ドームをひっくり返した時の一番輝く瞬間を表現しています。

なお、今回クリスマスキャンペーンの総合クリエイティブディレクターを務めるのは、演劇家としても活躍する古屋 遙さん。ドイツやイギリスで演劇の総合演出を経験し、広告業界に進出。映像演出のほか、空間とテクノロジーを掛け合わせた企画演出でファッションショーや店頭ディスプレイの多角的な仕組みに取り組んでいます。

Text : Yuko Aoki

Cover photo by Lumine

DiFa編集部



PICK UP

SPECIAL

LATEST

BUSINESS
LATEST