Topics | 2017.11.13
自転車を安全に楽しむためのAIライト「ACE」が万能すぎる

自転車を安全に楽しむためのAIライト「ACE」が万能すぎる

都市を中心に、世界的に増えてきている自転車愛用者必見のデジタルガジェットがKickstarterに登場した。 「ACE」は、独自のAIテクノロジーを搭載した、スマートな自転車用ライト。自転車での走行中に常に動きをモニターし、フラッシュを使って安全な走行ができるようにサポートしてくれる。

大きさは約6cm×約3cm、厚みは約2cm、重さは35gと手のひらサイズのこのライト。スマホアプリと連動することで、ひとり一人のユーザーの運転スタイルやよく通る道の環境などを理解し、自動で判断する。1秒間に何百もの項目で動きを感知するセンサーを内蔵することで、この動作を実現しているのだそう。

ライトとしても優秀で、日中でも夜間でも認識しやすいよう車のライトと同じクオリティ・被視認性のLEDを採用。200度の角度で照らし出すので、横からでも見やすく、1マイル(約1.6km)離れたところからも確認できるほど明るい。交差点や曲がり角を通るときや、車が近づいてきた時には自動で察知し、明るくフラッシュして危険をお知らせ。点灯パターンはカスタマイズすることも可能だ。

充電はUSBケーブルを使って行い、PCやスマホの充電器からも充電が可能。2時間の充電で最大10時間稼働する。バッテリーの残量はアプリでも確認可能。自転車を駐車させると、3分後に自動でスタンバイモードに入り、運転を開始すると瞬時に点灯を始める仕組みのため、バッテリーが無駄に消費されないようになっている。

ウォータープルーフですべての天候し、盗難防止のためのアラート機能など、自転車のオーナーに嬉しい機能も備えている。また、マウント付きなのでハンドルやバッグなどいろんな場所に取り付けられる。

See Senseは、2013年に世界初のインテリジェントライトをプロダクトローンチ。4代目にあたる「ACE」は、5年の歳月をかけて夜間でも使いやすいように改良された。自転車愛好家たちの経験やアイディアが生かされ、さらに使いやすくなったと評判だ。

この「ACE」で得られたデータを生かすことで、より安全な自転車利用を広められるのではないかと注目している自治体もあるのだそう。

See Sense ACE the connected AI bike light with a big vision

https://www.kickstarter.com/projects/1670187625/see-sense-ace-the-connected-ai-bike-light-with-a-b?lang=ja

DiFa編集部



PICK UP

SPECIAL

LATEST

BUSINESS
LATEST