| 2018.02.08
25PEOPLE 25WAYS〜アップルウォッチ25人のその肖像 vol.2 IT&メディア編

25PEOPLE 25WAYS〜アップルウォッチ25人のその肖像 vol.2 IT&メディア編

本サイト人気企画、Apple Watchのつけこなし術2018ver.。スタイリスト、モデル、エディターほか第一線で活躍する人々のとっておきの最新スタイルから、デバイスの「今」を見てみよう。

PHOTO:SHINICHI KAWASHIMA

森実南 IT企業勤務

抜群のファッション感度に加え、デジタルリテラシーの高い森さんが語るApple Watchの魅力とは「ずばり使い方が自由自在で制約がないこと!」。ベルトを変えたり、フェイスをオリジナルの画面にしたり、使い方をカスタムしたり……とすべてを自分の好みにできるところにあるという。そんな彼女の本日のスタイリングは、ファッショニスタから注目が集まるディガウェルのシャツとパンツで作るシンプルかつ辛口なストリートカジュアル。「Apple Watchを着けると自然と手元に注目されますよね。なので、とことんシンプルに。一方でこれからはシルバーのリングやブレスレットを合わせて、盛ったスタイリングもトライしてみたいです」このほかAirPodsも合わせて愛用。「髪をまとめたりするシーンが多いのと、今の季節マフラーとも相性がよく使い勝手のいいガジェットです」

今欲しいガジェットも、「電子タグ」と答えるこだわり派の森さん。バンドの青と相性よしのナイキのシューズはROUNDEL LONDONとのコラボ。

小関翼 スタイラーCEO

国内外で大きな話題を呼んでいる、店舗向けO2Oサービス「STYLER」を経営する小関さんは、東京をベースに世界をとびまわる、デジタルテクノロジーの先駆者であり牽引者。「iPhoneやMacbookも利用しているため、ハード、ソフトともに同じ生態系に属している点。また、Appleのデザインコードも世界的に周知されているため、様々なテイストのものと合わせやすい」とApple Watchの魅力に関するコメントも一線を画す。同時にデジタルとファッションを繋ぐ第一人者としてファッションにも大きなこだわりが。
「実は毎年洋服のテイストを変えていたのですが、会社を設立してからはわりとスタートアップ的なアメリカンカジュアルな服装が多くなりました。ラフな格好にも飽きてきたので、今年はトラッドな着こなしをしてみたいです」とのこと。この日コートの下に抱えたサコッシュには、12inchのMacBookや書類を忍ばせてという、さすがの小物使い。「KindleやNintedoSwitchもよく持ち歩いています。」

小関さんが今注目しているガジェットは?「ガジェットではないのですが、オートクチュールブランドである、『Iris van Herpe』のようにクリエーションと技術が両立しているブランドはメンズでも欲しいですね」

高野聡司 READY TO FASHION経営

「ファッション業界と繋がる、しごとSNS」を掲げる「READY TO FASHION」を経営する高野さん。トレードマークとなりつつあるアフロヘアをポイントに、ビッグサイズのコートとデニムで作ったミニマルなコーディネートにネオンカラーベルトを合わせて、ちょっと外しを意識。「Apple Watchはいわゆる高級な時計とは異なる全く新しいジャンルの価値観を作り出したと思う」

インパクト大のアフロヘアには、「さりげなくAirPodsを隠したりできます(笑)」。スタイリングをする際に、素材感の組み合わせにこだわる高野さんが、この春着こなしたいのは「ピンク」だそう。

阿曽駿介 IT企業勤務

Apple Watchの魅力は「アナログとデジタルが融合したアイコニックなアイテムですよね」。この日ネイビー、ブラック、とミニマルなカラーでシックなカジュアルスタイルで登場した阿曽さんの愛用バンドはオレンジ。「時計ばかりが目立たないように、さりげなく洋服に合わせるのが好き」だという彼らしく、フェイスをブラックにしたことで、スタイリングにしっとりと馴染む着こなしに。

今狙っているのはワイヤレスのイヤフォン。「ファッション性の高い商品も多く出てきているので」

古川亮太朗 IT企業勤務

IT企業でプランナーとして活躍する傍ら、プライベートではバンド活動に勤しむ古川さん。今日のスタイリングのポイントも「黒と金」とのコメント通り、オールブラックのスタイリングにアクセサリーのゴールドをポイントにした潔いスタイリング。ハードなゴールドのブレスレットとリングに、メッシュのベルトのコンビネーションが絶妙にマッチしている。「Apple Payはやっぱり便利です」という実にシンプルなコメントにもキャラクターが滲み出る。

欲しいものはズバリ「クラフトビールが作れるIoTデイバイス」「PS4」「Hue」

長嶋太陽 エディター

「ミニマムなデザインと各種通知がやっぱり便利」とAppleWatch2wovenyconを愛用している長嶋さん。「AppleWatchをつけるときは、テックな雰囲気が出過ぎないように」というこの日は、絶妙な濃淡をつけたオールブラックの着こなしに、グレイッシュなメッシュのベルトを馴染ませて。またファッション・カルチャー領域のエディターだけあって、愛用しているガジェットも「SUDIO×STUSSY Livin’ GENERAL STORE」のブルートゥースイヤホン、また欲しいデジタルアイテムはZOZOSUITとセンスが光るさすがのセレクト。

今気になるファッションは? 「ストレンジャーシングスのアメカジっぷりが気になりますね」。この日はアウターは「WESTOVERALLS」、パーカは「LQQK STUDIO」、パンツは「NEAT」、シューズは「PTARMIGAN」と全てのアイテムにこだわりを感じる着こなし。

DiFa編集部



PICK UP

SPECIAL

LATEST

BUSINESS




LATEST