| 2018.03.22
【連載】「創る人」Vol.3 アートクリエーター桃ふじ

【連載】「創る人」Vol.3 アートクリエーター桃ふじ

DiFaが気になるクリエーターをピックアップする新連載。「創る人」。第3回目となる今回は、アートクリエーターとして、多方面で活躍する桃ふじ。

–普段はどのような活動をされていますか。

デジタルで静止画を雑誌の挿絵やテレビのものまね用似顔絵の挿絵用・企業ロゴ向けに描いたり、同じくデジタルで動画・アニメーション等を商品のPR映像やテレビの解説コーナー向けに制作しております。

私自身は制限を付けたくないのでアートクリエーターという肩書きでお仕事していますが、昨年は「プッ株式会社」という社名に法人成りしていたりもします。そこではフォトジェニックなブースを提供する制作・配置サービスも行っています。また、2018年3月4日まで開催されていた、文化庁主催「20th DOMANI・明日展」のフォトブースのプロデュースなどもさせて頂きました。
あとは趣味の一環で、YouTubeでお絵かきしている動画を発信したりもしています。YouTubeでの発信は、2年半くらい続けています。

–YouTubeでは主にどのようなことを発信していますか。

3つチャンネルがあるんですけど、1つ目は海外向けにリアクトビデオをやっています。このリアクトビデオって、海外では結構主要なやり方なんですが、元々ある映像に対して、自分のリアクションを映すんです。最近は少し方向転換をしていてアーティストとして、絵を描くことを主にしていますね。

–最近はどのような作風が多いですか。

海外の視聴者が多いので、日本ではあまり主流ではない、3Dのようなリアルなものを描くようにしています。基本的に毎回違う画風で描いていて、浮世絵っぽい感じのものや、リアルな画風、水彩画みたいなものまであります。自分自身、結構飽きっぽい性格なので、次の日には違うものを描きたくなっちゃったりするんですよね。

–今後挑戦してみたいことはありますか。

以前、雑誌の表紙絵を書かせてもらったんですが、書店に並んでいる様子を見て、すごく達成感があったので、今後もそういう仕事もやっていきたいですね。ブランドとのコラレーションもやってみたいです。

–クリエーションする時はどのようにして情報収集をしていますか。

情報を仕入れるために、Instagram、Pinterestは良く使いますね。あとは、私は今の髪色がカラフルなのですが、日本にはあまり参考になる人がいないので、その色に合わせた他の方のコーディネートをInstagramのハッシュタグ機能で検索したりしています。

–ファッションアイテムはいつもどこで購入していますか。

海外に行った時にまとめ買いしたり、「DHOLIC」や「ZOZOTOWN」等のECサイトも利用しています。普段はネットで買い物することが多いですね。

–最後に今日のファッションポイントを教えてください。

異素材を楽しむこと!そして前述の通り、私は髪色がピンクベースの毛先ブルーという明るい色なので、大人らしさを守れるようバランスを意識し、落ち着いたデザインの服でまとめています。

EYEWEAR:JINS
EARRINGS:Chomel(シンガポールで購入)
TOPS:D holic(ネットで購入)
BOTTOMS:Butter n(韓国で購入)
SHOES:台湾で購入

DiFa編集部



PICK UP

SPECIAL

LATEST

BUSINESS
LATEST