| 2018.03.27
シール(4月6日)の日開幕!DiFaステッカーイベント#Why Dig へようこそ

シール(4月6日)の日開幕!DiFaステッカーイベント#Why Dig へようこそ

DiFa愛読者のみなさん、いつもありがとうございます!わたしたち編集部と読者のみなさんがもっともっと繋がるために。来る2018年4月6日(金)(シールの日)から4月8日(日)までの3日間、港区南青山「BY PARCO SHOP&GALLERY」にて、ステッカー貼り放題イベント「#Why DIG」(なぜ好きなのか)を開催します!

会場には、伊藤万理華、AMIAYA(アーティスト/モデル/クリエイティブディレクター)、D(ファッションドリーマー)、DWS JAPAN(ボディマーブリングクルー)、FEMM(マネキンダンス・デュオ)、ハイロック(メディアクリエーター)、るうこ(モデル)ほか話題&人気のクリエーターやアーティストがステッカーチューンしたアイテムを展示。

エキシビジョンを楽しみながら、同時に大量に会場に用意されたステッカーが貼り放題!というなかなかに太っ腹なこのイベント。あのブランドやあのショップ、あのアーティストにあのメーカーのステッカーなどステッカーマニアを唸らせるラインナップをご用意。エディター一同皆様のご来場をお待ちしております!

【イベント概要】
■イベント名:#Why Dig

■日時:2018年4月6日(金)15:00〜20:00
/ 4月7日(土) 11:00〜20:00
/ 8日(日)11:00〜17:00

■会場:BY PARCO SHOP&GALLERY
〒107-0062東京都港区南青山5-2-15 ヴィオレ南青山1F

■ご協力アーティスト・クリエーター
AMIAYA(アーティスト/モデル/クリエイティブディレクター)、D(ファッションドリーマー ※Instagram フォロワー200 万 人)、DWS JAPAN(ボディマーブリングクルー)、FEMM(マネキンダンス・デュオ)、moka(イラストレーター)、UNA(アー ティスト/モデル)、伊藤万理華、小串良輔(Pinterest Japan)、ハイロック(メディアクリエーター)、るうこ(モデル)、桃ふじ (アートクリエーター)、南馬越一義(BEAMS 創造研究所シニアクリエイティブディレクター)ほか
※A-Z・五十音順/敬称略

【イベント内容】
■1:発掘エリア
国内外のブランド、企業、アーティストたちのステッカーを一同に集め、来場者が自由に貼ることができる発掘エリア。

国内外のブランド、企業、アーティストのステッカーを一同に集め、来場者が自由に貼ることのできる体験型イベント

■2:特設展示エリア
ミレニアム世代のトレンドセッターたちがステッカーチューンしたアイテムを展示するエリア。

アーティスト、クリエーター、モデルたちが、セレクトし、アイテムにカスタムチューン(貼った)したモノを展示。「なぜ、そのステッカーを選び、そのようにカスタムしたのか」の理由も掲載。

 

と、前振りが長くなりましたが。

今回はそんなステッカーマニアの皆様に、一足お先にあの人のステッカーチュン(バージョン違い!)をお届け。来場される前に、是非チェック&ココロを逸らせておいでくださいませ。

 

ハイロック / メディアクリエイター

ー愛用のパソコンと使用年数を教えてください。

MacBook 12 3年 & MacBook Pro 15 半年

ー使用している間に印象深いエピソードがありましたら教えてください。

MacBook Proは安定した家での仕事に。
今までに20年以上アップルのノートブックを使ってきたけれど、MacBook 12はその中でも最も気に入っている完璧なもの。仕事も、趣味でも、家でも、出張でも、旅行でも、365日いつでもいっしょです。デザイン、質感、携帯性、性能、僕にとってのパーフェクトマシンです。

ーカスタムしない。という選択肢があるなかで、どうしてカスタムする。という選択をしたのか教えてください。

あまりステッカーを貼ることに深く考えたことはないけど、あえて言うならステッカーを貼るという行為は、最も手軽なDIY行為であり、自己表現であると思っている。友達と交換したり、貼ってあるステッカーを見てその人を知ったりとアナログなSNSのような感覚。

ー今チューンしているその詳細を教えてください。

自分が作ったものや関わったもの、友人のものが多いですね。かっこよくても自分になんの接点がないものは貼らない。アップルのロゴを完全に隠さない。美しいアップルプロダクトに手を加えるのは失礼だと心のどこかで思っているので、それがせめてもの言い訳。

ーオリジナルにチューンするにあたって、参考にしているものや参考にしている人はいますか?

すべては自分のノリと感性でやっています。

ーこれから、こんな風にチューンしたいという予定がありましたら教えてください。

思いったったときに貼って、思いっ立ったときに剥がす。

今野 恵菜 / インタラクション・デザイナー/山口情報芸術センター [YCAM] InterLabメンバー

ー愛用のパソコンと使用年数を教えてください。

Mac book pro / ほぼ丸4年

ー使用している間に印象深いエピソードがありましたら教えてください。

YCAMでの仕事は、ほぼ全てこのパソコン(Mac book pro)を使用しているので、共に社会人経験を積んできた相棒で、メディアアートの現場でハードに使い込んでいるのに、これと言った不調もない元気な良い子だと思います。
仕事でオランダに行った時、真冬なのにホテルの部屋の暖房が故障しており、このパソコンで暖を取りながら仕事をしたのも、今では良い思い出です。

ーカスタムしない。という選択肢があるなかで、どうしてカスタムする。という選択をしたのか教えてください。

職場のメンバーほぼ全員がMac bookを使っており、お互いのパソコンを間違えるトラブルが度々発生したので、最初は差別化のためにカスタムをはじめました。

ー今チューンしているその詳細を教えてください。

ステージパフォーマンスや上映イベントでMac Bookを使用する際、中央のリンゴ型の光を潰すために厚手のダクトテープなどを貼る必要があるので、あまりリンゴの近くには貼らないようにしています。が、最近スペース不足で大分近くまで貼ってしまっていますね…。
今一番のお気に入りは、現在の研修先であるExploratorium内部のTinkering Studioというワークショップスペースのステッカー(Tinkering Ghost)と、Pixar Studioに遊びに行った際に購入したルクソーボールのステッカーです。あと、地元のお菓子ということで鳩サブレの鳩。サンフランシスコに来てから、貰うステッカーのサイズがすごく大きくて少し困っています。

ーオリジナルにチューンするにあたって、参考にしているものや参考にしている人はいますか?

「openFrameworks(コーディングのためのC++のオープンソースツールキット)のロゴステッカーをパソコンに貼っていたことがきっかけで 、ハッカーでリサーチャーの友人が出来た」という同僚のエピソードを聞いてから、自分の所属コミュニティや興味関心事項を示すものを中心に貼っています。実際、ステッカーきっかけで声を掛けてもらって仲良くなった人も何人かいます。あまりに明け透けだとちょっと恥ずかしいので、少し他のものも混ぜ込んでいますが…。
オタクな人が「分かる人には分かるキャラクターグッズ」を身につけることで、同じ穴の狢の人を見つけ出す、というのがモチベーションとして近いと思います。

ーこれから、こんな風にチューンしたいという予定がありましたら教えてください。

今、かなり貼るスペースが無くなってきているので、近日中に総入れ替えするかもしれません(重ね貼りは、下になるステッカーが少し可哀想なので…)
これからも誰かと繋がれるようなチェーンを施していきたいです。

西村真里子 / プロデューサー

ー愛用のパソコンと使用年数を教えてください。

MacBook Pro 4ヶ月程

ー使用している間に印象深いエピソードがありましたら教えてください。

市民権を得たMacBook。 MacBookを使い始めてもう10年近く経ちます。最初のうちはWindows系企業の打合せの際にはMacBookを利用するのにすこーし引け目を感じてましたが MacBook利用者も増え、相手企業も気にしなくなりましたね。

ーカスタムしない。という選択肢があるなかで、どうしてカスタムする。という選択をしたのか教えてください。

打合せをする際に自分の顔はもちろん、相手に対面するのはMacBookの背中です。 そのようなキャッチーな場所をブランディング場所として使わない手はない!ということで自分の会社ロゴをレーザーカッター化しています。 このMacBookで二代目のレーザーカッター活用です。彫り物しています。

ー今チューンしているその詳細を教えてください。

自分の会社ロゴマークのレーザーカッター。自社タトゥー、刻んでます。 ステッカーは使ううちに劣化してかっこ悪くなるのでタトゥーしました。

DiFa編集部



PICK UP

SPECIAL

LATEST

BUSINESS
LATEST