Topics | 2018.08.30
トーキョーCOVER GIRL VOL.6 miu@入谷&上野《後編》

トーキョーCOVER GIRL VOL.6 miu@入谷&上野《後編》

DiFaが注目するライジングガールを、写真家、嶌村吉祥丸が撮り下ろす企画「トーキョーCOVER GIRL」。今回のモデルはmiu(ミユ)。「ViVi」の専属モデルとして人気を博す一方、「i-D」や「MAPS」 「Galore」 など海外誌でも活躍中。音楽やカルチャー(ラーメンにも!)に造詣が深く、そこから生まれる独自のファッションセンスは定評が。むせるような暑さの中、入谷から上野に向かってぶらりと散歩した、ちょっとノスタルジックな夜をインタビューと共にお楽しみください。

PHOTO:KISSHOMARU SIMAMURA

 
モデルになったきっかけは?

地元でスカウトされたのがきっかけです。もともと母が美容師をしていたこともあり、自分も美容師になろうと思っていました。今は正式にデビューして2年目になるのですが、モデルはその撮影ごとに違う自分を表現ができるのが魅力です。皆でひとつのものを作っているという一体感が楽しい。現場ではヘアメイクの方がどういうヘアとメイクを見せたいのか? スタイリストの方が衣装をどう見せたいのか? カメラマンの方がどういう写真を見せたいのかを探りながら撮影している時にやりがいを感じますね。

今チャレンジしてみたいこと、やってみたいことはありますか?

音楽も服も本も食べ物も好きなので、フェス的なものをやってみたいです。好きなアーティストに出演してもらったり、デザインしたTシャツやタオルを作ったり、ラーメンを出したり。犬や子供も一緒に連れてこられるような優しくてゆるいフェスができたらいいですね。

夢中になっていることは?

音楽、かな。もともと親が音楽好きで。ヒップホップとかジャズとか、今世に出ている人たちの元ネタになるような音楽を聴いてました。上京してからレコード屋さんで働いていたことも。よく聴くのは、「フィッシュマンズ」「ブルーハーツ」「ZASEN BOYS」「YMO」とか。……一番好きなミュージシャンは内緒です。

おしゃれのインスピレーションやイメージソースは? 

4年ほど前からのスタイルですが、毎日Tシャツです。ライブのTシャツとかフェスのTシャツとか探して着ています。おしゃれの参考にしているものは、街中のおじいちゃんの「それ、どこで買ってきたの?」みたいなスタイルとか。実用性を備えながらも主張の無い、秘めたプリファレンスを感じる格好が好き。ファッションは好きだし、トレンドを知ることができる立場ではあるけれど、まわりに流されたくなくて。適当くらいがいいなと思います。

モデルとして、自身のあり方をどう考えていますか?

モデルは写真(の素材)だから写真越しにふわっと伝わる自分の温度を表現したい。撮影にもよるけど、モデルはあくまでも服を魅せる仕事なので、感情の温度を入れすぎるのはただの自己満だと思っていて。この人何考えてるんだろうなーくらいでいいんじゃないかと。モノとして、そして写真の素材としての魅力があればいいんじゃないかなって。

だからつい最近少し悩んでました(笑)。

モデルを始めた時から変わってないんですが、こんな適当にやっていていいのかと……。とはいえ、考えすぎても答えは人それぞれなので、とりあえず初心の無垢な気持ちに戻りたくて、歩き慣れた街をいっぱい散歩したんです。見慣れた景色の中で見つかった、新しい気づきにすごく感動して。新しい事も変わらない事も、気づくか気づかないかは自分次第ですよね。いい意味で適当くらいがいいのかなって。

生きている限り、知識は無限に吸収できますよね。だから三島由紀夫とかジッドゥ・クリシュナムルティとか、ラ・ロシュフーコーといった思想家や自己啓発的な本をよく読んでいます。だからこういうモデルになりたい!みたいな目標はあえて作っていません。色んな人のいいところを吸収していければいいなと思っているので。

オフの日は何をしていますか?

ラーメンを食べに行ったり、映画を見たり、本を読んだり。立ち飲み屋さんや中華料理屋さんもひとりで行きますよ。あとは、ヤフオクで、昔の「STUDIO VOICE」や「POPEYE」「レコード・コレクターズ」を探したり。VHSのビデオもデッキを持っているのでよく見ます。 今日付けているヘッドフォンもネットで見つけて買いました。

よく使うアプリは?

「ラーメンDB」、「Mixcloud」、「Bandcamp」、「SoundCloud」。そこから音楽をダウンロードすることが多いです。

miu さんにとってデジタルとは?

どんどん掘り下げていけるもの。掘り下げたものが自分のルーツになるもの、でしょうか。手軽だし、簡単にアーティストのプロフィールなんかも画面を通して、すぐにわかる。好きなものを誰とでも共有できるし、昔の音楽のデータなんかも時代超えてイージーに繋がれますし。

ただ、今はデジタルには安易にハマらないようにしています。iPhoneを使うのは基本家だけ。画像をコラージュしたり、ファッションや音楽、食べ物を表現する場にしています。これまではわりとSNSや、ネットに結構時間を持っていかれちゃったので……。今は外では、あえてガラケーしか使わない、というのもこだわりでしょうか。

 

 

 

miu(ミユ):現在『ViVi』専属モデルを務め、圧倒的な透明感と独特な空気感で国内外からもオファーが殺到しているモデル。ストリートが根底にある彼女のスタイルは同世代から絶大な支持を得ておりアイコン的存在。映画/CM/ショー等、多岐にわたり活躍し2018年Zoff(CM)、2018NIKE WOMEN、TGCなどにも出演。今年、初ヒロイン映画に挑戦するなど女優としての幅も広げている。

前編はこちらから

DiFa編集部



PICK UP

SPECIAL

LATEST

BUSINESS
LATEST