| 2018.09.05
ECで広がるエシカル? 〜ふたりの大学生が紡ぐ「透明なパンツ」のモノ語り

ECで広がるエシカル? 〜ふたりの大学生が紡ぐ「透明なパンツ」のモノ語り

パンツを介してエシカルを広めるONENOVA

“エシカルファッション”と聞いて何を思い浮かべるだろうか。それはズバリ、言葉通り“倫理的に配慮をして生産、流通しているファッション”のことを意味している。“エシカル” という単語を通して、消費者は商品を購入する前に現代社会における消費構造に改めて目を向け、服を選んで着ることができる。さらには、消費者の手に商品が届くまでに多くの人や土地が関わり、ストーリーを紡いでいることを再発見できる。

慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(通称SFC)に通い、ALLYOURSでインターンをしている大学二年生のONE NOVAの2人(高山泰歌、金丸百合花)が世界一“透明な”パンツの製作、販売を通して消費者にその思いを伝えている。

Photo by Jun Hirayama for Be inspired! magazine
–Photo by Jun Hirayama for Be inspired! magazine

透明だからこそ伝わる思い

透明なパンツといっても物理的に透けて見えるパンツというわけではない。消費者に製造過程に関わるあらゆる情報を公開するという透明性のことを表している。ONE NOVAのパンツは商品の履き心地やデザインはもちろん、情報公開によって消費者との信頼関係を築き、多くの人から人気を獲得している。二人はパンツという響きがキャッチーな上に、毎日履くのにも関わらず、アウターや靴と比べて普段こだわって選ぶ人が少ない衣類を選んだ。

彼らは、“「透明性」という態度を抱きながら、ONE NOVAのパンツを「ものと人」「人と人」同士のつながり方を示す目印にしたい。生産工程を開示した上で、商品を届ける。豊かな素材とつくる人の手がつながっていく、その一つ一つの段階を丁寧に記録し、ECサイトで公開する。”と語っている。

–photo by ONENOVA

パンツのこれまで

彼らは起業を決めてから、2018年の7月18日にECサイトを公開するまで、約1年半余りで数百枚のパンツを売ることに成功した。それまでインターン先のALLYOURSをはじめ、多くの人からアドバイスを受け、商品製造に関わる全国の企業と話し合いを重ね、Camp Fireでクラウドファンディングを行った。3日で目標金額の500,000円に達成し、最終的には423人のパトロンで目標の4倍超えの2,063,433円の調達に成功した。

今後は、パンツのみならず、女性用のインナーウェア、靴下、トイレットペーパーなどと他分野にも挑戦してみたいと考えているようである。

–photo by ONENOVA
–photo by ONENOVA

パンツのあれこれ

1.デザイン
色はオレンジと青の二色から選ぶことができる。ゆとりのあるフロントポケット、ウエストゴムの位置、肌に当たるタグがない点が抜群の履き心地の鍵となっている。さらには、オリジナルの名前やメッセージの刺繍も施せる。
2.素材
インド産オーガニックコットンを使用し、株式会社アタゴにて開発されたオリジナル生地が思わず顔にスリスリしたくなる柔らかさを実現している。
3.価格、サイズ
価格:3500円+税(刺繍を施す際は+500円)
サイズ:S : 68-76 / M : 76-84 / L : 84-94 / XL: 94-104

ONE NOVA

URLhttps://onenova.jp/
Instagramhttps://www.instagram.com/onenova_jp/?hl=ja

TEXT:Kotono Yamada

Cover photo by Jun Hirayama for Be inspired! magazine

DiFa編集部



PICK UP

SPECIAL

LATEST

BUSINESS
LATEST