Special | 2016.01.06
ハイロック的「もっとApple Watchと仲良くなる方法」

ハイロック的「もっとApple Watchと仲良くなる方法」

Apple Watch発売から約9ヶ月。上手にバリバリ活用してる人、イマイチ価値が見出だせずに疎遠になってしまっている人、そろそろ結果が分かれる時期に差し掛かったこのタイミングで、僕、ハイロック的「もっとApple Watchと仲良くなる方法」をご紹介します。

hirock_aw_1

いうまでもなくApple Watchは、スマートウォッチとして様々な仕事をこなしてくれます。他のアップル製品と大きく違うのは、身に付ける=ファッションアイテムとしての側面も持っている点で、機能云々の前に自分のお気に入りファッションアイテムにならなければ、夜のうちに充電して、朝起きて腕に巻くまでのモチベーションが続きません。いくら便利なものでも、まずは身に付けないと……ですよね。

自分の中では、Apple Watchは「ジワジワ系ガジェット」。買ったその日から生活が一変するようなものではなく、iPhoneを手助けするスーパー子機として、ジワジワと便利さを感じていくツール。さらに言えば、ある程度使い続けたその先に新たな景色が見えてくるものなのではないかと思っています。 そんなApple Watchを毎日腕に巻くために、もっと仲良く(お気に入りに)なる方法をいくつかご紹介します。

その1:充電環境を完璧に整える

まずは何はなくともバッテリー。Apple Watchと疎遠になってしまう第一の理由としては、バッテリー問題。最大でも1日半程度しかバッテリーが持たないので、毎日欠かさず充電するのがちょっと面倒。

僕がテクノロジー弱者の友人にアドバイスしているのが、お気に入りの充電スタンドを買って、机の上などで、定位置をしっかり作ってあげること。一回一回場所が違って毎回ケーブルを抜き差しするのではちょっと面倒ですよね。すべてに言えることですが習慣化するには行動を単純化してストレスを無くす環境作りがとても重要なんです。定位置のスタンドにポンっと乗せるだけで充電が始まるような環境をまず作りましょう。

参考までに僕のオススメは、この「 UFOのような円型のボディーになっていて、フタを空け、中にケーブルを巻き込んで隠せるので、ケーブルの長さ問題も解決です。一度巻き込んでしまえば、本体バッテリーへの給電はマイクロUSBとなり、他のモバイルバッテリーやガジェット類と統一化することができて、とても便利。 バッテリー容量は1,800mAhでApple Watchを約4回充電することができます。家での充電スタンドとして、外出時のバッテリーとして、一台で二役をこなしてくれます。

Apple純正の「Apple Watch磁気充電ドック」もおすすめ。 仕上がりの美しさが完璧でスーパーエレガント。さすがアップル純正品です。

Apple Watch doc この他にも、楽天やamazonで「Apple Watch スタンド」などのキーワードで検索すれば、様々なデザインのものがわんさかでてきますので、チェックしてお気に入りの充電スタンドを探してみてください。

その2:文字盤のカスタム

hirock_aw_3

どう使うか?の前に、僕は文字盤のカスタムに全力をつぎ込んでいます。ミッキーやアナログも捨てがたいのですが、カスタム出来る自由度が低く、他の人と差がつかないので、文字要素で構成されているモジュラーバージョンを選んでカスタムしました。

まず、タイポグラフィーデザインっぽく文字がいっぱい並ぶとかっこいいので、文字量多めの項目を選んで、文字色はパルサーのような赤、下の段はかわいいアイコンデザインで統一しています。

最後の決め手は言語設定を英語にすること。この画面に、曜日の「火」というような日本語が見えると冷めちゃうので。iPhoneの複雑な操作だと英語設定では支障が出るかもしれませんが、Watchの操作くらいだと直感的なので、ほぼ困ることはありませんでした。

その3:バンド交換

交換はスライド装着でカチッと簡単。手っ取り早くApple Watchを別物に変身させたいのならば、バンド交換がおすすめ。

AppleがApple Watchをファッションアイテムとして位置づけていることがわかるのが、バンドのバリエーションの豊富さです。発売時にもその豊富さに驚きましたが、今はさらにカラーバリエーションが増えて、どんなファッションにも対応するようにさまざまな色、素材、形式の純正バンドが用意されています。そのチョイスで、カジュアルにもフォーマルにも、TPOに合わせてまったく違った気分が味わえます。

ちなみに僕は、ミラネーゼループ、リンクブレスレット、スポーツの黒をそのときのファッションに合わせて楽しんでいます。

hirock_aw_2

そして、さらにディープにバンド選びをしたいのであれば、純正品だけでなく社外品もおすすめ。オリジナルのバンドが作れるサービス「Casetify」や日本製にこだわった「TONBI」、ファッションブランドの「REBECCA MINKOFF」など、Apple以外のブランドやスタートアップなどからもさまざまなバンドがリリースされているんです。是非チェックしてみてください!

以上、ハイロック的「もっとApple Watchと仲良くなる方法」でした!

DiFa編集部



PICK UP

SPECIAL

LATEST

BUSINESS




LATEST