Topics | 2016.02.03
「Intel」がファッションデザイナーとコラボした新ムービーを発表!

「Intel」がファッションデザイナーとコラボした新ムービーを発表!

世界中のコンピュータを支える半導体メーカー「Intel」。シリコンバレーを代表するテック企業の同社は、テクノロジーの進歩を半導体という内側から牽引しています。

以前DiFaでもファッション×テクノロジーの分野に力を入れ始めているテック企業として紹介しましたが、そんなIntelが新たに「Intel Amazing Experience」というプロモーションムービーを公開しました。

このムービーでは、Intelがファッションに力を入れていることを象徴するかのように、テクノロジーが拡張するファッションの可能性を示唆するものに仕上がっています。

https://youtu.be/4eMNLqQ5IT8

超小型コンピュータが表現する、ファッションの可能性

このムービーは、姉妹で活動するファッションデザイナー「Ezra+Tuba」によるものです。このプロモーションの最大の特徴は、服の周囲をまるで本物のように舞う青い蝶でしょう。この青い蝶、実はIntelが開発する超小型コンピュータ「Edison」によって実現されているのです。

この「Edison」は、SDカードとほぼ同じくらいのサイズの超小型コンピュータで、さまざまなセンサーを接続しIoTデバイスとして利用されることを想定し作られたプロダクトです。しかし、この超小型コンピュータはさまざまな可能性を持っており、今回はその可能性をファッションという形で表現したというわけです。

このインテルのプロモーションのように、テクノロジーがファッションの表現方法を拡張するといった分野は着実に広がりを見せています。こういった技術が進歩することで、テクノロジーがファッションの可能性を広げ、飛躍的な発展の一助となるかもしれません。

intel2
Intelより

リテール(小売)分野でも縮まる、ファッションとテクノロジーの距離

また、テクノロジーによって変わるのはファッションそのものだけでなく、DiFaでも以前紹介している「スマートミラー」や「バーチャルフィッティングサービス」のように、その購買体験も着実に変化してきています。

Intelも先日リテール(小売)分野でのテクノロジー活用の発表を行っており、ファッション関連では「Brooks Brothers」でカスタムオーダーシャツのサイズ測定や、米国の大手高級デパート「Nordstrom」で靴のサイズ測定を行う専用のスキャニングデバイスの導入をIntelがサポートしています。

オンラインの購買体験はリアルの購買体験に近づけるという方向での進化が考えられますが、リアルでの購買体験は更なる精度、更なる体験の向上という難題を抱えています。これを解決する手段としてテクノロジーはまだまだ進歩し、入ってくる余地があるといえるでしょう。

世界を代表するテック企業Intelが見据える、ファッション分野でのテクノロジーの活用。ウェアラブルという既に形が見え始めたものから、ファッションの表現方法、購買体験にいたるまで。

わたしたちがまだ想像しえていないテクノロジーによるファッションの変革はファッション側からだけでなく、テクノロジー側からも起こってくるのかも知れません。

Intel Inside®, Amazing Experiences Outside

Intel.com
Text : Kazuyuki Koyama
Cover photo by Intel Amazing Experience

DiFa編集部



PICK UP

SPECIAL

LATEST

BUSINESS




LATEST