Topics | 2016.02.15
探しているアイテムをショップ店員が提案。アプリ「STYLER」体験記

探しているアイテムをショップ店員が提案。アプリ「STYLER」体験記

昨年12月10日にiOS版がローンチされた、“つながり”でファッションを楽しくするアプリ「STYLER」。

「こんな感じのシャツが欲しいな」、「ちょっと個性のあるブルゾンが欲しいな」など、探しているアイテムを投稿すると、ショップ店員さんが”あなたの欲しいアイテム”を提案してくれ、簡単に欲しいアイテムを見つけられるというもの。

1月末にはアプリのにアップデートがあり、もっと使いやすくなったとか……。また、STYLERを開発したスタイラー株式会社はファッションメディア「STYLER MAG」も運営しています。

「”つながり”でファッションを楽しくする!」がコンセプトのSTYLER。このサービスへの思いについて、スタイラー株式会社の代表取締役、小関 翼さんにお話をお伺いすると、

ユーザーとファッションとのつながりは、インターネットが出てきても年々難しくなっているように思います。例えば、雑誌は読まれなくなっていますし、オンラインマガジンも雑誌と同じ購読層。SNSの読者はリアル店舗の既存客で、キュレーションメディアは低単価中心、と業界に携わっている人であればごく普通に認識されている問題です。ミドル価格帯以上のアイテムはオフラインの店舗で買われることが多いのですが、ファッションとのつながりがないのでセールきっかけでしか来店しない。満足度も低い。
私はECを手掛けるAmazonで働いていたのですが、オフラインの購買体験を変えるプレイヤーは全くいなかったのでこの問題に真正面から取り組みたいと思い起業しました。

筆者の私もECサイトの運営に携わることが今まで多かったのですが、”お客様と気軽にコミュニケーションを取れる場”というのはなかなかありませんでした。

気になるアイテムがあっても、「ショップに電話するのは少し勇気がいる。」「メールをしたいけど、メールアドレスがわからない……。」など連絡しにくい理由があったりしますよね。気軽にチャット形式でショップに相談できる場があるのは、とてもいいなーと思います。

では、欲しいアイテムを投稿した時、どのようにショップ店員さんからの提案があるのでしょうか。実際にSTYLERのアプリを使ってみました!

まずは登録をしてみました

STYLER_iPhone
ーSTYLERアプリより

まずアプリを開くとアカウント作成の画面。Facebookログインもできるので、簡単に登録できますね! 早速、アカウントを作ってログインしてみました。

Watchボタンで気になる投稿をフォロー

STYLER_iPhone
探しているアイテムなどをみなさんが投稿しています。 ーSTYLERアプリより

ログインして表示されるのが、ユーザーが投稿した相談です(STYLERでは「イライ」と呼ばれています)。Watchボタンをタップすると、その投稿をウォッチ(フォロー)する仕組み。投稿したものにショップが提案したりすると、通知されます。

STYLER_iPhone
ウォッチしていたものに、ショップからの提案があったようです。 ーSTYLERアプリより

バララエティ豊かなショップが参加中。これからもっと増えてくれると嬉しい!

STYLER_iPhone
ーSTYLERアプリより

STYLERに参加しているショップは「JOURNAL STANDARD」や「URBAN RESEARCH」といった有名セレクトショップから、知る人ぞ知るショップまで、バラエティ豊か。今まで自分が知らなかったショップを発見できるのも嬉しいですね。自分が知っているショップやいつも行っているショップなど、参加するショップが増えたら、もっと良いのにな、と思いました。また、登録した時点で、すべてのショップをフォローしている状態になっているので、フォローするショップを探す手間が省けるのも嬉しい。

早速欲しいアイテムを投稿(イライ)してみた

STYLER_iPhone
ーSTYLERアプリより

私も探しているアイテムがあったので、投稿してみました。

パソコンを持ち歩くためのシンプルでスポーティーすぎないリュックを探しています。

さて、どのような提案がショップから来るのでしょうか。楽しみです。

6時間で早速ショップからの提案が届く

STYLER_iPhone
ーSTYLERアプリより

ショップさんから提案が届きました! この形のリュックでもパソコンを入れるポケットがあるんですね! 私が探しているものとは少し違いましたが、知らなかったアイテムを知ることができるのはとっても新鮮でした。

気になることをショップへ問い合わせすることも

STYLER_iPhone
丸いメッセージアイコンをタップすると、ショップへメッセージを送ることができます。サイズ感や素材など、気軽に問い合わせることができるのもうれしいですね。ーSTYLERアプリより

気に入ったらそのまま購入できちゃう

提案をいただいたショップは遠方だったのですが、提案の際にオンラインショップへのリンクも教えていただきました。これだとすぐ購入できますね。もちろんショップが近ければリアル店舗に行って購入することもできます! メッセージで取り置きできるかを聞いて、そのまま買いに行く、なんてこともできちゃいそうです。

今後どの様な機能が追加されるのか

一通りアプリを試して見ましたが、いかがでしたでしょうか? STYLERを使うと、お店に行かなくても、さまざまなアイテムに出会えることが出来て、とても楽しく、これからどのように進化していくのかも気になるところ。小関さんによると、

各店員毎のアカウント発行と決済機能、パーソナライズ化を順次追加する予定です。各店員毎にアカウント発行とは、現在だと1ショップにつき1アカウントしか発行していないのですが、今後は各店員毎にアカウントを発行してウェブ上でユーザーを接客することができます。ショップにとってはチームでSTYLERを運営することができますし、ユーザーにとってはより多くのアイテムの提案を、より早く受けることができます。
また、ユーザーからはSTYLERで決済することを希望する声をいただいています。ユーザーからするとさまざまなショップのポイントカードを管理することや、ECに個人情報を打ち込むのが手間だからです。テンセントのWeChatのようにSTYLERにも決済機能をつけて、実店舗とECでのもっとも快適な決済を提供する予定です。
決済まで実装しますと、STYLERはさまざまなデータを取得していますので、各ユーザーに最適の画面表示をすることができます。

とのこと。

オンラインショップ一つ一つに登録するのって、手間がかかりますよね。STYLERに決済機能がつけば、もっと簡単にショッピングが楽しめそう。さまざまな店員さんが登録することによって、提案されるものの幅広くなったり、リアル店舗でお買い物するのと同じように、STYLER上でお気に入りの店員さんができちゃったりするかも?

実は男性向けサービスのSTYLER。女性向けのサービスは?

ユーザーの方たちがイライを投稿したフィードを見てみると分かるのですが、このSTYLER男性からの投稿が多め(もちろん女性も参加しています)。実は男性向けに作られたサービスなんです女性向けのアプリも開発中とのこと。

女性向けのアプリもリリース予定とのことで、それに先駆けて2月1日には女性向けファッションメディアの「ROBE」がスタートしています。

ROBE
ROBEウェブサイトより

これに関しては、
今年半ばにローンチ予定のレディース版STYLERもユーザーとショップとの多対多のコミュニケーションを可能とする場にする予定です。ただし、女性の場合はファッションの系統がメンズよりも細分化されているので、25〜35歳の働いている女性のニーズに応えるよう、多少特定のジャンルに特化させようと考えています。ROBEについても、STYLER上のコミュニケーションをまとめた記事以外に、レディース特有のコンテンツを掲載する予定です。
とのこと。

今後はアジアでの展開も予定

つながりから新しいファッションに出会える、そんなワクワクするサービスを展開しているスタイラー。今後はどのようなサービスを展開予定なのでしょうか。

STYLERはコミュニケーションとコマースが融合したサービスです。アジアではスマートフォンの普及とともに会話型コマースのニーズが高まっているので、弊社もサービスを提供します。まずは、テストマーケティングで、夏に台湾に進出する予定です。STYLERに参加するショップはそのままアプリを運営するだけで、台湾を含めたグレーターチャイナに進出することができます。
最終的にはさまざまなライフスタイル領域において、バーティカルにメディアとコミュニケーションできるアプリを展開していきたいです。

まずは、台湾に進出する予定、そしてファッションだけではなくさまざまなライフスタイル領域にも展開されていくとのこと。まだまだ進化していくSTYLER。今まで出会えなかったようなアイテムやショップと巡りあえて、あなたのファッションの幅が広がること間違いなし。今後の展開にも期待が膨らみますね!

STYLER

https://styler.link/

STYLERアプリ


Text : Nami Takenaka/Cover photo by STYLER

DiFa編集部



PICK UP

SPECIAL

LATEST

BUSINESS
LATEST