Topics | 2016.02.23
「MYKITA」なら3Dスキャンで自分に完璧にフィットする眼鏡がオーダーできる

「MYKITA」なら3Dスキャンで自分に完璧にフィットする眼鏡がオーダーできる

すっかりアイウェアがお洒落アイテムとして定着した昨今。どんな女性でも自分に似合う眼鏡をひとつはもっていますよね。

世界に誇る日本の眼鏡産地、鯖江の眼鏡ももちろんいいけれど、やっぱり女子なら海外ブランドのお洒落な眼鏡に一度は憧れてしまうもの。筆者の私も某フランスの女優がかけていたサングラスをショップで見つけ、買う気満々で試してみると、「あれ?」……自分が「平たい顔族」であることを思い出すという、ほろ苦い体験をしたことがあります。

すごく気に入った眼鏡を見つけたのに全く自分の骨格にあってなくて断念するという経験、誰しもがもっているのではないでしょうか。

そんなお悩みを解決するサービスが、ドイツ発アイウェアブランド「MYKITA」から誕生しました。

MYKITA_MVO_03

この「MYKITA」は2003年にベルリン発のアイウェアブランドとして設立し、「メゾン マルタン マルジェラ」とのコラボでも知られているブランド。日本でもセレクトショップや眼鏡専門店での取り扱いがあります。

MYKITAはまだファッション×デジタルという領域そのものの認知度が低かった2011年からすでに3Dプリント技術を使った眼鏡の開発を行っていたというから驚き。そのフィロソフィーはアイウエアコレクション「MYKITA MYLON」として既に商品化されており、さらなる発展形として、5年の開発期間を経て、こだわりぬいたデザインとテクノロジーで満を持して、この新サービスの世界展開へと打って出たというわけ。

MYKITA01
こちらは3Dプリントの技術を使って生み出されている「MYKITA MYLON」の最新コレクション。

自分に完璧にフィットする眼鏡がつくれる「MY VERY OWN」

MYKITA_MVO_01

このサービスの名前は「MY VERY OWN」。「自分専用」というこの名前が示す通り、3Dプリント技術を活用して、完璧にパーソナライズされたアイウェアを購入できるのが最大の特徴です。あなたの顔を3Dスキャンすれば、誰しもが素早く、簡単に、眼鏡をセミオーダーメイドできるという画期的なサービス。

MYKITA_MVO_structure

 

MY VERY OWNでは、まず通常の眼鏡を購入する時と同じように視力測定を行い、ベースになるフレームを選びます。その後、円筒形の3Dスキャナーに入って、30秒待っているとスキャンは完了。採取されたデータはiPadのMVOアプリに表示され、自分の顔に合わせて調整していきます。フレームの太さやブリッジの幅、顔の角度、ノーズパッド、テンプルの長さやカーブなどをミクロ単位で調整可能。そのカスタマイズのバリエーションは10億通りにもなるんだとか。

「海外のアイウェアって可愛いんだけど、どうしてもツルの部分が長くて…」「パッドの形がどうしても合わなくて…」なんて悩みが生まれてしまうことも多いですが、このMY VERY OWNの仕組みを利用すれば、なら骨格の違いに阻まれずに、気に入ったデザインの眼鏡を購入することができるのです。平たい顔族の私たち、こんなサービス待ってました!

MYKITA03
MYKITA 2016年最新コレクションより

ファッション×テクノロジーのあるべき姿

テクノロジーを用いたファッションアイテムはこれまでも数多く開発されてきましたが、どれも試験的なプロダクトあるいはアート的な作品が大半を占めていました。それは「Apple Watchをファッションアイテムとして見なさない」というモード界の姿勢からも見て取れるように、「テックが介入する必要がない」ものたちばかりだったからです。

そんな中で、ブランドコンセプト自体にクラフツマンシップと新しい技術の融合を掲げている「MYKITA」の最新3Dスキャン技術を活用したパーソナライズサービス、テクノロジーによってリアルライフがより快適に便利に、よりファッションを楽しむことにつながる、素晴らしいサービスではないでしょうか。

ファッション×デジタル黎明期の数少ない成功例として、世界に普及していくのではないかと期待しています。
こちらのMY VERY OWNのサービス、日本でも今春東京・表参道の「MYKITA SHOP TOKYO」に試験導入され、秋には本格導入がスタートするそう! 2016年はMYKITAに注目していきたいですね。

MYKITA 「MY VERY OWN」

今春東京・表参道の「MYKITA SHOP TOKYO」に試験導入、秋には本格導入がスタート
myveryown.com

All Photos by MYKITA

DiFa編集部



PICK UP

SPECIAL

LATEST

BUSINESS




LATEST