Topics | 2016.03.18
伝統と革新のマリアージュが感じられるスマートウォッチ「VELDT SERENDIPITY」

伝統と革新のマリアージュが感じられるスマートウォッチ「VELDT SERENDIPITY」

VELDT_01

アナログ時計だけが持つ、上質な雰囲気。日々、登場するガジェット色の強いスマートウォッチを見て、「あの雰囲気をスマートウォッチにも……」そう思ったことありませんか?

機能性ばかりが重視される傾向にあるスマートウォッチですが、ファッションアイテムとして毎日身につける以上、自分の満足いく一本を手に入れたいですよね。実は、そんな思いを満たしてくれるスマートウォッチ、日本から販売されているんです。

その名も「VELDT SERENDIPITY」。

気づけばスマートフォンをチェック……。そんな問題を解決するために誕生した「VELDT SERENDIPITY」

VELDT_02

「Connected & Beautiful」をテーマにした、ハイテクファッションブランドVEDLTが最初に開発した製品で、現代人が抱える特有の問題を解決するために創られたそう。

その悩みとは、気がつけばスマートフォンに夢中になって下を向いてしまう、というもの。いつの間にか時刻の確認がアナログ時計からスマートフォンになってしまい、その流れでFacebookやTwitter、LINEを見る……。皆さんにも、そんな経験があるのではないでしょうか?

「VELDT SERENDIPITY」はそんな状況を少しでも改善し、少しでも顔をあげて周りに目を向ける時間を創るために開発されました。言い換えるならば、日本人が持つ、振る舞いの美しさをデザインしたスマートウォッチ。

VELDT_03

アナログとデジタルのマリアージュが楽しめる、今までにないスマートウォッチ

そのため、大量生産のデジタル製品というイメージの強いスマートウォッチと違い、「VELDT SERENDIPITY」は腕時計としての美しさがあることを、強く意識したデザインに。

VELDT_04
VELDT_05

また、アナログ文字盤に隠れたLEDと短いテキスト文によって誰からどんなメッセージが来たのか、直感的に美しく表示されるようになっているので、スマートフォンを見る回数も減らすことができます。

従来のアナログ腕時計が持つ質感は残しつつ、スマートウォッチの機能性は取り入れる。まさに、アナログとデジタルのマリアージュが楽しめる、今までにないスマートウォッチに仕上がっているのです。

時計×デニムという異色の組み合わせ。ベルトには”桜”のプリントが……!

「VELDT SERENDIPITY」の発売自体は2012年から始まっているのですが、先日、クラウドファンディングサイト「Makuake」にて、京都デニムとコラボした新しいモデルが先行発売されました。

VELDT_06
VELDT_07

新しく発売されたモデルの最大の特徴は、ベルトがデニム生地であるということ。時計のベルトといえば、ステンレスやレザーが一般的。「時計×デニム」という組み合わせはあまり聞いたことがありません。

なぜ、VELDT は京都デニムとのコラボレーションを決めたのでしょうか?代表の野々上仁さんに話を伺ってみると、その裏にあったのは”日本のもの作りへの強いこだわり”でした。

京都デニムコラボモデル Indigo Sky (ユニセックス)
京都デニムコラボモデル Indigo Sky (ユニセックス)

「腕時計は大量生産型のガジェット品と違い、クラフトマンシップの世界。中でも、日本は素晴らしい職人と技術エンジニアが一緒にいる世界でも珍しい国。これらをまとめ上げて一つの作品にする。そのためにVELDTを立ち上げたんです。」

そんな野々上さんのもの作りへの飽くなき探究心が、今回のコラボレーションのきっかけに。京友禅着物と現代衣料の象徴であるデニムをマリアージュさせた「京都デニム」社が提供するデニムは、一本一本、すべて丹精込めて染め上げています。

VELDT_09

その姿勢に野々上さんが共感を覚え、コラボレーションお話を持っていったところ、両社意気投合し、このプロジェクトが始まったそう。

京都デニムコラボモデル Night Blossom Dark (濃色) (ユニセックス)
京都デニムコラボモデル Night Blossom Dark (濃色) (ユニセックス)
京都デニムコラボモデル Night Blossom Light (薄色) (ユニセックス)
京都デニムコラボモデル Night Blossom Light (薄色) (ユニセックス)

新たに販売される3つのモデルのうち、2つのモデルには”夜桜”をイメージしたプリントが施されています。もちろん、プリントされている桜はオリジナルの桜の型を起こして一つ一つ丁寧に染め上げたもの。クラフトマンシップが宿る一品に仕上がっているのです。

この仕上がりに野々上さんは、

「東洋と西洋、伝統と革新、アナログとデジタル、色々なマリアージュを楽しんいただけると思います。」

とのこと。

また、新たに「MIP(ミップ)」という大切な人だけのメッセージを表示する機能も追加したそうです。最大5人まで登録でき、この機能を使えば大切な人達からのメッセージを見逃すこともなくなるでしょう。(※表示するメッセージは着信・SMS・メール・Facebook・LINEを予定)

大きめのサイズが好きな女性に好評。あなたはどのモデルを選ぶ?

VELDTは今回クラウドファンディングしているモデル以外にも、様々なシリーズの時計を販売しています。購入する際、「どのモデルがいいのか?」迷う女性もいると思うので、野々上さんに女性にオススメのモデルも伺ってきました。

VELDT_12
VELDT_13
VELDT_14

「個人的におすすめのモデルは「モデルC」のGentle LilyとCrisp Mint、「モデルR」Moon Ray、「モデルV」のVesper Whiteあたりですね。大きめのサイズが逆に良いとおっしゃっていただく方にはすごく好評で、ずっと着けていただいている方も多くいます。」

ちょっと高級感のあるモデルが女性には好評のようです。少し大きめのサイズの時計を選び、いつもとは違ったファッションを楽しむのも良いですね。

アナログとデジタルのマリアージュが楽しめる日本発のスマートウォッチ「VELDT SERENDIPITY」。デニム生地に桜がプリントされた新モデルは、暖かくなる、これからの季節にぴったりでしょう。

VELDTは、このクラウドファンディングを一つのきっかけに世界展開と次世代品開発の準備に着手していくとのこと。すでに3月にスイスで開催される、世界最大の腕時計とジュエリーの展示会「Baselworld2016」への出展は決まっており、海外展開の流れは加速していきそう。今後、どんな新しい製品が誕生するのか、楽しみですね。

VELDT

veldt.jp
makuake.com/project/veldt

All Photos by VELDT
Text : Shota Niikuni

DiFa編集部



PICK UP

SPECIAL

LATEST

BUSINESS




LATEST