Initial | 2016.03.30
SamsungがGalaxy S7シリーズ向けのスマートジュエリー「The Charm」を開発中

SamsungがGalaxy S7シリーズ向けのスマートジュエリー「The Charm」を開発中

Samsungのアイコン的スマートフォン「Galaxy」。「Galaxy S7」「Galaxy S7edge」としてバージョンアップすることが発表されました。DiFa的注目ポイントはGalaxyの付属デバイスとして試験的に開発されたスマートジュエリー「The Charm」です。

― Samsungウェブサイトより
Samsungウェブサイトより

SamsungはVRヘッドマウントディスプレイ「Gear VR」や、家電見本市「CES 2016」ではスマートスーツやスマートベルト、充電できるクラッチバッグを発表するなどウェアラブル分野に近年力を入れてきています。

そんな中、公開されたこのスマートジュエリー。レザーブレスの方は「ROLEX」のアンティークウォッチ「カメレオン」を彷彿とさせるような……?

― Samsungウェブサイトより
Samsungウェブサイトより

画面が大きくなりがちなスマートウォッチに比べるとフェイスが小さいのが可愛い。とはいえ、まだまだデザイン的には改良の余地も多くありそうな「Galaxy」スマートジュエリーですが、機能面ではなかなかのハイスペック。

待機状態であれば連続18日間の使用が可能なんだとか。充電が長くもつのはかなり重要ポイント。着信を知らせるアラームや、消費カロリーや移動距離などのアクティビティトラッキング機能も完備。「スマートジュエリーで現在やれることは全部詰め込みました」という感じ。

スマートジュエリーは「デジタル」を隠すべきか

DiFaではいままで多くのスタイリッシュなスマートジュエリーをとりあげてきました。

合わせて読みたい:デジタルファッショニスタのマストハブ!オシャレな最新スマートアクセサリー8選

どのアイテムも、通常のジュエリーと遜色ないオシャレさ。「WISEWEAR」「SIREN」「RINGLY」など多くのスマートジュエリーが「デジタルっぽくないこと」「ファッションアイテムとして可愛いこと」を追求している傾向と比較すると、The Charmは、「デジタル感をあえて隠さないデザイン」という印象を受けます。これに関しては賛否あると思うのですが、シチュエーションによって使い分けることでそれぞれの良さを生かすことができるのではないでしょうか。

程よく「デバイス感」を残したThe Charmはビジネスアワーにも使えそう

今までDiFaで紹介してきたような、ファッション的にイケてるスマートジュエリーって、日本の一般的なオフィスファッションには少しカジュアルなデザインが多く、リアルなお仕事の場には着用しにくいような気がしませんか?

その点でいえば、”デバイス感”をちょっと残したThe Charmはビジネスアワーにも気兼ねなく使えるようなシンプルさが魅力的に映ります。

真面目なスーツ姿の女性がシンプルなスマートジュエリーをさりげなく活用していたら、すごく「デキる女」っぽくてカッコいいのでは。もともとユニセックスとして開発されていることから、男性にもオススメ。カップルでおそろいのスマートジュエリーなんていうのもオシャレかも!

このThe Charmに関しては価格・発売日など未定の部分が多く、続報が入り次第、またDiFaでご紹介したいと思います。

ちなみに最近新発売されたSamsungのスマートウォッチ「Gear S2 classic」のプレミアムモデルはクラシックなデザインが素敵。The Charmとは対照的に、全くデジタル感を感じさせないデザインとなっています。

Add a dash of elegant style with the #GearS2classic in 18K #RoseGold and #Platinum. #CES2016

Samsung Mobileさん(@samsungmobile)が投稿した写真 –


こちらは伊勢丹新宿店本館で3月25日から先行発売がスタート、4月22日からは家電量販店でも一般発売されるそう。気になる方は今週末、新宿御苑のお花見がてら、伊勢丹新宿店本館にチェックしにお出かけしてみてはいかがでしょう?

Cover photo by Samsung

DiFa編集部



PICK UP

SPECIAL

LATEST

BUSINESS




LATEST