Topics | 2016.04.04
大人気「RINGLY」からブレスレットタイプのスマートジュエリー「ARIES」が新登場!

大人気「RINGLY」からブレスレットタイプのスマートジュエリー「ARIES」が新登場!

DiFa読者のデジタルファッショ二スタ人気No.1のスマートジュエリーブランド「RINGLY」から、ブレスレットタイプの「ARIES」が新発売するそう!

指輪タイプとはどう違うの? 新機能は?……色々気になりますよね。現在、公式サイトでプレオーダー中とのことで早速チェックしてみましょう。

― RINGLYより
RINGLYより

デザインは相変わらず素敵! 本物のジュエリーさながらの高級感です。半貴石を使ったシンプルで洗練されたデザインがアイコニックなRINGLY。「日本からでもオーダーすることができるスマートジュエリーといえば、RINGLY」といっても過言では無い程、DiFaでも注目度が高く、これまで数回にわたって取り上げてきました。

合せて読みたい:

デザインについては即ノックアウトの筆者ですが、やはりスマートジュエリーとしての機能性が気になるところ。だって、まだニッチだったリングタイプで注目を集めたRINGLYが、群雄割拠の腕系デバイスに新シリーズで参入するのですから、絶対の自信があるってことじゃないでしょうか? 今までのリングタイプから何が変わったのか、しっかりと検証してみたいと思います。

ARIESは機能性と利便性がすこぶる向上

可愛らしい見た目のRINGLYですが、新登場のARIESは機能的にもいっそう充実してきたようです。

カラーバリエーションは4種類。― RINGLYより
カラーバリエーションは4種類。― RINGLYより

基本的な仕様の大きな変更はありませんが、4時間の充電で24~48時間の使用が可能、という文言が明記されました。そして20~30フィート(約600~900メートル)以内での受信が受信可能に。

ウェアラブルの命題でもある「充電時間」と「受信距離」。「Apple Watch」を100%充電すると約2.5時間かかるのと比較すると、このRINGLYは半分以下のサイズですから、バッテリーも比例して小さい中でのフル充電時間が4時間。かなり健闘しているのではないでしょうか。

嬉しい追加機能

基本スペックだけでなく、今回の「ARIES」にはアクティビティログ機能が搭載。ユーザーが歩いた距離から今日の消費カロリーを表示してくれたり、目標消費カロリーを達成するとお知らせしてくれます。

消費カロリーの表示機能というと目新しいものではありませんが、このあくまでも限定されたRINGLYのお知らせ機能の中にあえて「カロリー消費が達成されたら教えてくれる」を盛り込むのがなんとも女性的な心配りというか、「たしかにそれは何よりも教えてほしいよね!」と納得感が。

また、対応アプリの種類も80種から100種以上へと続々追加されており、メール、電話、Facebook、slack、Twitter、Instagram、Pinterest……等、100種以上のアプリから5つを選択しておけば、それらの更新や着信をお知らせしてくれるのですから、ワークタイムから休日までほぼ日常で使うアプリは網羅されているのではないでしょうか。


意外と手首のサイズは世界共通?

RINGLYがUSサイズのみでの展開なことには、DiFa読者からも早くから「もっと小さいサイズも展開して!」という声が上がっていました。日本でいえば9号から17号まで。どうやらアメリカでの売れ筋サイズが15号前後のようです。デザイン的に人差し指か中指に使うとしても、華奢な日本人の指にはちょっと大きすぎ、という方も多くいらっしゃったはず。

サイズ感に関しては、インポートブランドはどうしてもギャップが生まれてしまうのですが、その問題に関しても、ブレスレットタイプだとどういうわけかすんなり解決できちゃいました。

― RINGLYより
RINGLYより

今回のブレスタイプ「ARIES」のサイズ展開はSとMの2種類。Sは16.51cm、Mは19.06cmだそう。やっぱりちょっと大きいのでは?と感じますが、日本人の手首囲が年代平均合わせても約14.9~15.6cmなのを考えると、Sだとぴったりもしくはややキツイと感じる人もいるかも。

筆者は昔から「手首だけは細い」と言われてきたので、手首囲をメジャーで計測してみたところ、14cmジャストというまあ平均以下、くらいの細さ。そこで16.51cmに切った毛糸を腕に巻いてみたのですが、かなりのフィット具合です。公式ビジュアルにはそれなりに余裕があるので、おそらくMを着用しているのでは。

個人的には、PCをタイプするときに当たりそうなので、RINGLYといえどもブレスはどうかな……と思っていたのですが、これだけフィットしているならば、PCに当たってしまうということもなさそう。というわけで、「ARIESシリーズなら日本人でもぴったりサイズでRINGLYが楽しめる!」という結論に至りました。

現在プレオーダを受付中ですが、残念ながら現時点ではアメリカ国内への発送分のみの受付となっているよう。RINGLYによれば、今秋にはグローバルに発送できるように準備をしているとのことなので、乞うご期待です!

RINGLY 「the ARIES collection」

ringly.com/aries
Cover photo by RINGLY

DiFa編集部



PICK UP

SPECIAL

LATEST

BUSINESS
LATEST