Initial | 2016.04.18
男性のみなさまお待たせしました!日本発メンズ向けファッションレンタルサービス「leeap」が登場

男性のみなさまお待たせしました!日本発メンズ向けファッションレンタルサービス「leeap」が登場

自動車や家などをはじめ、さまざまな分野において拡大を続けるシェアリングエコノミー。その潮流をファッション分野で牽引するのが、近年急激に広がりはじめているファッションレンタルサービスです。

DiFaでも以前ご紹介している「airCloset」や「Laxus」など女性向けが多いこの分野ですが、そんなに、ファッションレンタルサービスメンズ向けサービスが新たに登場しました。日本発のメンズファッションレンタルサービス「leeap」です。

leeap トップページ
Leeap より

スタイリストとLINEで相談。最大2コーデをレンタル

leeapは、月額7,800円(税別)で2パターンのコーディネートをレンタルできるファッションレンタルサービスです。

事前に好みの色やファッションの傾向、メジャーで計測したサイズを登録した上で、LINEで好みや着用場面、などをふくめスタイリストと相談し、コーディネートを提案してもらいレンタルするというものです。

借りられるコーディネート数は最大2つ。月額7,800円のベーシックプランは月1回、月額12,700円のプレミアムプランは無制限で借り換えることが可能です。また、相談回数に制限は設けず、自分が納得いくまでスタイリストに相談することが可能です。

もちろん、他のファッションレンタルサービスと同様にアイテムの購入が可能で、取り扱いブランドとしては「BEAMS」「BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS」「SHIPS」「TOMORROWLAND」「EDIFICE」といった大手セレクトショップを中心に多数取りそろえています。

― leeapより
leeapより

メンズこそファッションレンタルサービスを利用すべき

このleeapは男性のファッションに対する意識・関心等が女性に比べて低いことを問題意識としてスタートしたサービスです。

「ファッション」を通して趣味を楽しんでいる20代の割合が女性に比べて男性は10%以上低く、「いつも無難なファッションばかりしてしまう」「同じような色の服ばかり買ってしまう」「コーディネートを考えるのがめんどくさい」といった意見が多いとのこと。

相対的な数字ではあるものの、このデータは女性に比べて男性のファッションに対する関心が低いことを示してており、だからこそこのleeapには女性以上にビジネスチャンスがあるといえるのかもしれません。

ファッションに対して高い関心を持っている層は、むしろ第三者のアドバイスを必要としない人も少なくないはずです。自分に似合う服、必要な服を理解しそれを購入して着ることができるからです。

むしろそれとは逆に、今まであまり関心を持っていなかった人の方が、苦手意識を持ち第三者の意見を求めているはずです。服を買うときの失敗する確率も前者よりは高くなりがちなので、leeapなどのファッションレンタルサービスは、ここにこそフィットするサービスなのではないでしょうか。

メンズ向けファッションレンタルサービスは、すでに「Cendrillon Homme」が国内でスタートしていますが、こちらはどちらかというとファッションに関心が高い人向けのサービス。このleeapのようなメンズ向けファッションサービス、今後さらに広がりをみせるかもしれません。

leeap

leeap.jp

Text : Kazuyuki Koyama

DiFa編集部



PICK UP

SPECIAL

LATEST

BUSINESS




LATEST