Topics | 2016.05.17
美しさと頼もしさを兼ね備えた、私たちの身を守ってくれるセーフティージュエリー5選

美しさと頼もしさを兼ね備えた、私たちの身を守ってくれるセーフティージュエリー5選

危険はどこに潜んでいるか分かりません。世界でみると日本はかなり安全な国ではありますが、夜道や人気のない場所を一人で歩くのは、やはり怖いものです。

今年に入って、「Fitbit Alta(フィットビット アルタ)」や「HUAWEI WATCH(ファーウェイウォッチ)」が「SWAROVSKI(スワロフスキー)」とコラボレートしたスマートウォッチなど、女性をターゲットにしたジュエリーのように身に着けられるアイテムが沢山発表されています。

そんな女性向けスマートジュエリーのトレンドの一つとして、万が一ユーザーの身に危険が迫った際に、SOS送ることができるような、女性の身を守ってくれる機能に注目が集まっています。

1:「iCharming」:SOSジェスチャーで助けを呼べるセーフティージュエリー

「iCharming」 ― ZTE Corporation ウェブサイトより
「iCharming」 -ZTE Corporationウェブサイトより

輝く大粒のジルコンクリスタルを使用した「iCharming」は、アクティビティトラッキング、モバイル通知、スマホの置き忘れ防止機能を備えた多機能リング型スマートジュエリー。

ユーザーのジェスチャーによってSOSアラートをアクティベートできることがiCharmingの特徴です。身に危険が迫った時、シェイクや腕をぶんぶん回す、のような派手はジェスチャーは控えた方が良いのでは……と思ったりもするのですが。

リング本体は手作業によって磨き上げられたスターリングシルバー925を使用。ジルコンクリスタルは、ゴールド、チョコレート、パープル、レッド、ブルー、インディゴの6色のバリエーションが用意されています。ただし、若干「Ringly」っぽさは否めません。

現在Amazon.comにて定価$488.00、現在セール価格の$350.00で販売中です。
http://www.strawcom.com/icharmingjiezhi/

2:「Stiletto」: セーフティーに特化した多機能デバイス

ウェアラブルジュエリー― Stiletto facebookより
― Stiletto facebookより

セーフティーデバイスに多機能を求めるなら、以前DiFaでも取り上げたことがある「Stiletto(スティレット)」がオススメ。

万が一ユーザーの身に危険が迫った時には、電話、SMS、データ通信を使用したメッセージを使って、予め設定した緊急連絡先に一発でSOSを送ることができます。SMSを受信して気づかないことも多いので、音声着信で助けを求めることができるのは心強いです。また、「音声アシスト」機能が付いているので、声を出すことができない状況であっても、Stilettoがユーザーに変わって警察に連絡をしてくれます。

GPSが正確に機能しにくい室内でも、WiFiのアクセスポイントの場所に基づいた位置情報を送ることができる機能や、地域の犯罪データの履歴から安全なルートを設定してくれる機能、さらにはスマホを置き忘れてしまった時にお知らせをしてくれる機能など、全方向からユーザーをしっかりガード。

デザインは、大粒のジェムストーンの周りにスワロフスキーを散りばめた、ジュエリー感たっぷりの大ぶりなチャーム型。また、チャームは付け替え可能なので、付属のチェーンネックレスだけではなく、手持ちのネックレスやブレスレットにも付けてカスタマイズをすることができちゃいます。

この他にも、シンプルな「クラシックレザーコレクション」やクロスのレリーフが施された「ケルティッククロスコレクション」も用意されています。

現在プレオーダーを受付中で、お値段は$259.00〜$309.00(約¥27,500〜32,800)となっています。
http://stiletto.is/

3:「mBand」:24時間体制でプロがサポート

― 「mBand」ウェブサイトより
― 「mBand」ウェブサイトより

リングタイプのセーフティーデバイス「mBand」の最大の特徴は、「emergency response center」という360日24時間体制でプロによるサポートを得ることができる機能。

他のセーフティーデバイスは、いざという時に助けを求める相手として、家族や恋人、友達など設定しますが、mBandはこれらの親しい人に加え、「emergency response center」を通して警察に連絡をすることができます。

現在のことろ「emergency response center」は、ユーザーに代わり警察に連絡し、ユーザーの位置情報や希望によっては診療情報を伝えるのみですが、今後ALSOKやセコムのようなセキュリティー会社と提携し、いざという時にその場に駆けつけてくれる自前のガードマン派遣サービスが登場すると、さらに便利で頼れる存在になりそうです。

SOSアラートを発動させるには、リング脇のボタンをひと押しするだけ。誤発動防止の機能と30秒間のキャンセル期間があるものの、誤発動してしまわないかちょっぴり心配です。

また、指の大きさに対してリングがやや太く大きいのが気になります。シンプルで洗練されたデザインではありますが、スマートジュエリーというよりもデバイス感は強め。

2016年の秋頃に初回生産分の発送を予定しているとのこと。現在のことろプロによるモニタリング機能付きで$180(日本円で約¥19,000)、モニタリング機能無しだと$130(日本円で約¥13,800)で初年度以降は、年額$60(日本円で約¥6,300)費用が発生がかかります。例えば、ALSOKの女性向けのセキュリティーサービスは月額¥5,000なので、実は破格の値段設定なのかもしれません。

mBandの登場によって、より多くの人が手軽にセキュリティーサービスを受けられるようになるのは、とても良いと思います。今後に期待したいアイテムです。
http://www.mband.us/

4:「WISEWEAR」:女性の健康と安全を守るスマートジュエリー

ウェアラブルジュエリー―WISEWEARウェブサイトより
―WISEWEARウェブサイトより

94歳世界最高齢のファッショニスタ、アイリス・アプフェルをミューズに抜擢したことでも話題となり、またDiFaでも何度かご紹介したことのある「WISEWEAR(ワイズウェア)」。

万が一身に危険が迫った時には、事前に指定した相手にGPS情報とともに助けを求めるテキストメッセージを送ってくれます。セーフティー機能以外には、アクティビティトラッカー及び、モバイル通知機能を備えています。

WISEWEARの魅力はなんといっても、ジュエリー然としたそのデザイン性の高さ。見た目からでは高機能なデバイスだなんて想像ができないくらい、シックで洗練されています。

お値段は$295.00〜$345.00(日本円で約¥31,000〜36,000)で残念ながら現在は、アメリカ国内のみ発送となっています。
https://wisewear.com/

5:「SIREN」:音で敵を撃退!

セーフティージュエリー― SIRENウェブサイトより
― SIRENウェブサイトより

「SIREN」は110デシベルの大音量の警報音によって敵を撃退してくれる、リングタイプのセーフティージュエリー。110デシベルと言えば、車のクラクションを直下で聞くような音の大きさで、聴力機能の障害を引き起こす程度の騒音とされています。

しかしながら、SIRENには他のセーフティーデバイスのような、助けを求める機能は一切ありません。確かに、敵を一瞬びっくりさせるくらいの力はありそうな強力な音ではありますが、万が一の場合は敵と対峙することを考えるよりも助けを求めることの方が必要が気がします。他のセーフティーデバイスとセットで使えば良いかもしれません。

ゴールドまたはシルバーのアーム部分に、それぞれオニキス、アベンチュリン、カーネリアン、ラブラドライトの4種類のストーンの組み合わせを選ぶことができます。現在、$199.00(日本円で約¥24,000)でプレオーダーを受付中です。
http://sirenring.com/

*****

気に入ったアイテムはありましたか?これらのアイテムを使う樹会が無いことが望ましいですが、「もしも」時に身を守ってくれるアイテムがあれば、心強いですよね。また、いつどこで起こるか分からないからこそ、セーフティーデバイスは常に身に着けていたくなるデザインでなければなりません。

正直、これらのセーフティーデバイスはジュエリーとしては少し大きかったり、多様なファッションニーズにはまだ応えきれていない部分もあると思います。女性向けのウエアラブルデバイスの中でも、今後の発展に注目をしたいカテゴリの一つです。

Text:Paris Wakana

DiFa編集部



PICK UP

SPECIAL

LATEST

BUSINESS
LATEST