Topics | 2016.06.23
色温度も調整できる!”スマホ版簡易ストロボ”「iblazr 2」

色温度も調整できる!”スマホ版簡易ストロボ”「iblazr 2」

iPhoneをはじめとするスマホ内蔵カメラの性能は年々進化しています。パッと見の仕上がりでは、デジタルカメラと比べても遜色のないものが撮影できるようになりました。そうなると、よりクオリティを求めてしまうのが人の性というもの。最近では、スマホのカメラ機能がもつポテンシャルを、より拡張するガジェットやアタッチメントが多く登場しています。今回ご紹介する「CONCEPTER iblazr 2」もその一つ。

”スマホ版の簡易ストロボ” 「iblazr 2」

iblazr 2
CONCEPTER iblazr 2-concepter.co

スマホ内蔵カメラの弱点は、夜景や暗闇での撮影が難しいということ。せっかくイベントやパーティでセルフィーを撮っても、雰囲気のいい夜景や室内の明かりだけでは、画質が極端に荒くなってしまったり、フラッシュが不自然に発光したり。そんな経験はありませんか?

プロの撮影では、足りない光量を補うためにストロボを使用しますが、iblazr 2はいわばスマホ版の簡易ストロボ。他社製品に比べて操作がスマートで、プロ仕様の多機能&高性能がクオリティを求めるマニアたちからも、いち早く注目を集めています。

iblazr 2
CONCEPTER iblazr 2-concepter.co

iblazr 2は、Bluetoothでスマホと接続。本体の背面がタッチセンサーになっていて、軽くダブルタップすることで点灯し、自動的にシャッターが切れます。

iblazr 2
CONCEPTER iblazr 2-concepter.co

ワイヤレスで狙った位置に照射できるのがとても便利。タッチセンサーによるシャッターは起動も早く手ブレになりにくいので、ペットの撮影やセルフィーにも最適です。

目玉機能「色温度の調整」を使えば表現の幅が広がります

iblazr 2
CONCEPTER iblazr 2-concepter.co

こちらもタッチセンサーによる操作で行います。色温度とは「暖色」「寒色」など色味の違いのことで、例えば料理の写真なら暖色系の光を使うと美味しそうに撮れます。フリマアプリやオークションに出品するための写真なら、寒色系の方が商品が鮮明に写ります。表現の幅が広がって、これは嬉しい機能なのでは。

バッテリーの連続点灯時間は約3時間。見た目よりもパワフルで、動画の撮影にも力強い味方になってくれそうです。別売りのコールドシューマウントや多灯撮影にも対応しているので「これ欲しかった!」と思いつく機能はほとんど搭載されているといっても過言ではありません。持ち歩きに邪魔にならないコンパクトサイズも嬉しいところ。

iblazr 2
CONCEPTER iblazr 2-concepter.co

花火大会、キャンプなど、夏の夜はイベントが盛りだくさんですよね。大切な思い出を美しく残すために、カメラ回りの照明アタッチメント、試してみてはいかがでしょうか。 

CONCEPTER iblazr 2

http://concepter.co/iblazr2/

Text:Asato
Cover photo by CONCEPTER iblazr 2

DiFa編集部



PICK UP

SPECIAL

LATEST

BUSINESS
LATEST